無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
「SM国際交流」
 国際交流などとはいささか大げさ過ぎるかもしれない。
 だが、海外のSMの実態に興味がある私としては大きな目標なのである。

 それと言うのも本年2月に行われたイベントワールド緊縛イベント「冬縛」では、せっかく来日した緊縛師がいるというのに、言葉の壁からその興味を満足させるチャンスを逃してしまった。
 理想的にはSMに興味のある、日本語が理解できる海外のM女性に話を聞きたいと思う。

 ただ誰かに通訳してもらうというのではなく、幅広く同好者と交流し直接理解したいという願望もある。 
 某英会話堪能者曰く
 「英会話を覚えたいなら、英会話ができる外国人女性を口説くのが一番さ

************************************************
<生 外国人女性SM>


一本鞭の轟音 消えない傷跡
************************************************

 過去に付き合った海外のSM関係の女性は、・・・というより最初のSMクラブ体験が、片言の日本語しか話せないギリシャ人女性だった。(この時の詳細は、拙著ドキュメンタリーSM小説「逆SM倶楽部開店日記」にて)

 その後中国系の女性ともお付き合いしたが、彼女は日本語は堪能ではあったがSMの興味は今ひとつだった。
 それでも次第に母国や自分で知りえたSM情報を話してくれるようになったが、あいにく一家でアメリカへ移住することになり、メールは別にして交流は途絶えてしまった。(今ではアメリカで結婚し平凡な暮らしをしているらしい)
 
 三人目は仮にドミニクとしておくが、ドイツ人で片言の日本語、英語という女性と知り合う機会ができた。
 彼女とは、銀座にある画廊でSM系の絵画展が開かれていた折、互いに熱心に見ていた絵が縁となった。
 
 当時はドイツ語と英語と日本語の辞書を片手に何とか二人で会話をしていた。
 はたから見れば、二人で熱心に会話の勉強をしていたように見えたことだろう。

************************************************
<生 外国人女性SM>

(強制浣腸 乳首吸引 顔面拷問)
************************************************

 かいつまんで言えば、どうやら彼女にとってはSMという行為は愛情の一表現で、私がガイドしたSM系のショーや日本のビデオ映像等はあまりに好きになれないようだった。
 そして、自宅の地下室に大型グッズ(例:お仕置ギロチンチェア
お仕置ギロチンチェア
)を置いてプレイルームにしている夫婦や、そこへSM同好者が集まりSMパーティを行ったりするというようなドイツでの実情
を話してくれた。

 半年後、ドミニクは日本での留学が終えるとドイツへ帰っていった。
 今ではインターネットを通じて知り合ったSMパートナーと結婚し、やはり自宅地下室をプレイルームにしてSMを楽しんでいるという。

<生 外国人女性>

(日本人大好き外人)
 
◆◆外国人とのSMプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

参考:綺麗な外国人お姉さんのマッサージレズ
   海外アダルト動画の保管庫 本場欧州・SMの系譜 虐悦戯曲 第一節
   Facebook of Sex 登録まで

作品名 No.121 美紀
細谷美紀 23歳警備員世の中には色々な職業があるが、ガードマンという強くなくてはならない職業がある。しかし、今回、鬼畜どもの餌食となってしまったのは、交通整理をする気の弱い警備員「美紀」。気が弱くては警備員という職業には、普通あまりならないはずであるが折しも不況の真っ只中、選んでばかりもいられないのである。「美紀」は色白でか細い感じの大人しい女である。工事現場の交通整理中に鬼畜たちに文句を言われても何も言えなかった。そのまま、拉致されてしまう。拉致された制服の姿でアクメ拷問を始める。容赦ない電マの刺激に泣き叫びながらも脳天を貫く快感で苦悩な表情は隠せない。透き通るような白い肌と真性パイパンの秘貝は紅く染まり、肢体を捩じらせ逝き果てる。終わりのない連続のアクメ責めに秘貝を震わせ淫水を垂れ流し昇天を迎える。化粧も落ち、アクメに達した素顔を曝け出す。肢体を家畜のように縛られ、下半身以外身動きひとつできない状態で口も秘貝も奥まで淫棒で串刺しにされ突きまくられる。白い淫液と逝き地獄を身体全体で味わうハメになる。
この動画をダウンロード
細谷美紀  / 

動画提供サイト Hey動画
このエントリーをはてなブックマークに追加
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close