無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
【10/28 伝説のM女、「溜まったらネ」、競演パンティずり下げ、松葉杖で来店  リビドー】
ナンパの達人ジャック社長が明かす成功率81%以上の女を完全に攻略する秘訣

<伝説のM女登場>

 「東京SMフェステイバル〜リビドー」は、会場の「新宿ロフトプラスワン」ではSM恒例イベントとなっている。
 そして今日は珍しく本イベント主催の「風見蘭喜」がショーのトップを切った。
 パートナーの女性は薄綾の和服姿。むかれて飛び出したのは乳頭が尖ったような豊かな胸、そして白い肌だった。
 その上半身に縄がかかるともはや観念したようなM女らしい雰囲気が伝わってきた。
 新宿ロフトプラスワンの正面の舞台から臨時特設の観客席の中を割ってはいる花道へと、半裸の女体が曳かれていった。
 今回は特に若い女性の観客が多かったが、その内の何人かは、かぶりつきとでもいうべき花道の席ーつまり見上げれば目の前に縛られたM女の肌温さえ感じられるに位置ーにまで座っていたのはこれまでになかったことではないかと思う。 
 花道の終点にたどりつき、吊り代に上半身の縄をつなぐと、一気にM女の着物を脱がせてしまった。
 黒のレースのTバック一枚の女体が逆海老に吊られていくが、特に足が高く引き上げられ天井に届かんばかりとなった。2008102801

 そこへ溶けたロウソクのしずくが垂れていくが、バックグランドミュージックの音が途切れると、「エー、ウェー・・・」という遠慮のないM女の喘ぎが聞こえた。

 ようやく吊りから開放されたと思ったら、花道に立たされたM女の両腕が天井の吊り代へと向かった。
 その支えがなければM女もはやこの段階で足元がおぼつかない夢遊の状態である。
 そこへピシッ、バシッと目を覚まさせるような強烈な音がして、竹刀がむきだしのM女のお尻タブに2008102802
きまった。
 さらにはお尻への足蹴りである。
「とうっ」
「わー、ひー・・・」

 本日はこのコンビの打ち合わせ段階から演技終了後までことごとく顔出ししていたのだが、
「・・・スタンガンはどう」
「鋭いのより重い方が」
「じゃあ、竹刀とか蹴りとか」
「そっちの方が好き」

・・・互いの近況、ショーでの使用グッズ、プレイ内容、バックミュージックの選択等々聞いていると、これらの話でトークショーにしたらと思うくらいマニアックな世界だった。   
  
 ようやくお尻への強烈な打責めが終わったがまだラストの演技ではなかった。
 「風見蘭喜」のいくつかのDVDや本(例「極悪伝 ‘残虐非道縄師’風見蘭喜その女体暴行の全記録!」)をご覧になった方なら、このシーンはお馴染みかもしれないが、何度見ても本当に大丈夫かと心配になる。
 M女は縄から完全に開放されているが、花道にお尻をつけて身体を風見蘭喜に預けている。
 すると、「風見蘭喜」の両手がM女の首筋をはさんだ。2008102803

「えやっ」
「うう、ううう・・・・」
 頚動脈を押さえられ絞められ、一瞬M女は全身から力抜けぐったりとした状態となった、いわゆる落ちた状態となった。

(「あれ、この女性どこかで見たことあるような」)と思われた方がいたら、かなりのSM通、SMファンだろう。 
 本日はショートカットのヘヤーで、ややボーイッシュに見える彼女、「京城夢路」が最後に舞台へと上がったのは、恐らく3年以上前である。
 「京城夢路」(きょうじょう ゆめじ)、SM=緊縛師=「明智伝鬼」とまで評された故「明智伝鬼先生」(1940年9月11日 - 2005年7月17日)のかけがえのない、そして最後のパートナーとなった女性である。
 彼女がSM関係の公式イベントに出演したのは、昨年7月銀座ヴァニラ画廊で行われた斎藤芳樹写真展akechi―追悼・明智伝鬼」でのトークショーゲストとして参加した時だろうか。
 今日では彼女はSM系とはまるでかけ離れた仕事をしているという。
 だが、決してSMの世界と関係なくなったわけではなく、新宿の「変態バーマーキス東京」 辺りによく出没し、プライベートで楽しんでいるという。
 演技終了後、控室にて、互いの感動を口にする初顔合わせの「風見蘭喜」と「京城夢路」には、他の者を寄せつけない新しい二人のパートナーシップを感じさせられるものがあった。
 次回彼女の”雄姿”をこうしてショーとしてを見られるのはいったいいつのことだろうか。
 
<「溜まったらネ」>
 
     
 首に鎖のついたメイド、かたやその鎖を曳くお嬢様。2008102804
最初はレズSMではないかと思った観客も多かったことだろう。
 しかし、メイドが捧げたカップの飲み物を飲むと、お嬢様は、まるで眠り薬でも飲まされたようにぐったりとしてしまった。
 折りしも、バックが葬送曲へと変わっている。
 ここでメイドはご奉仕にしては、おかしな行動をとり始めた。
 まずお嬢様のブラウスを開いて白いブラジャーをあらわにしてしまった。
 さらにロウソクを取り出して火をつけると、スカートを捲くりあげてショーツをむきだしにした肌に垂らし始めたのである。
 まるでそれまで虐げられていたメイドがお嬢様に復讐をしているかのようだった。

 だが、メイドがその白黒の特有の服を脱ぎ捨てると、下から現れたのは身長172cmの背中に大きなTATOO入りの、引き締まった凹凸のはっきりした身体をボンデージに包み、ペニスバンド(例:スタンドバイミー)を装着した女王様だった。
 もはや、ここまで来るとそれまでのSとMの関係が完全に逆転である。
 椅子が花道に置かれ、そこへ肌もあらわなお譲様が手をつかされた。
 さらにはショーツがずり下ろされた。
 「アナルは性器の内に入らないでしょ」
 「新宿ロフトプラスワン」のスタッフとの打ち合わせ時点での、「凰麗(おおとり れい)女王様」(赤坂のCiel在籍)の言葉が今さらにわかった。

 馬乗りバックー立ったままでの後背位で、お嬢様のお尻の間に、2008102805
凰麗女王様」の兵器のぺ二バンが沈み込む。そして激しく何度も何度も突き上げた。
 さらには、お譲様を花道に仰向けに寝かせて、その上に騎乗位、いや、上がペニスだからこれが正常位なのか。(頭が混乱する)
 どうやら、このあたりから観客は、お嬢様が実は女装M男であったことに気づいたのでjはないだろうか。
 出演前、このお嬢様は忘れ物があったとのことで、一旦「新宿ロフトプラスワン」を出たのだが、誰がその姿をみて男性と気づいただろう。
 舞台に戻り縁に座らせて腕をのばさせると針責め、そして肌に立った針への糸通しと「凰麗女王様」の責めに休みはない。
 極めつけは、立ったまま腕を吊り代へ止めただけのロングサイズ一本鞭である。
 以前「風見蘭喜」は、このイベントで観客席の床に下りて花道のM女に対して一本鞭を振るったことがあり、その気迫に観客が思わずのけぞっていた。
 今回は花道からスタイル抜群の女王様が鞭を振るい、中央舞台の女装M男の身体へ巻きつかせるという勝るとも劣らない迫力を示した。
 「あひー」
 「アハハハハ・・・・」
2008102806

 女装M男の身体にピシーッと決まった鋭い一本鞭の音と「凰麗女王様」女王様の甲高い声が、場内にバックミュージックのように響いていた。
 そして、逃げる逃げられない女装M男は、切り裂くような鋭い鞭にただただ身体をひねることくらいしかできないでいる。
 みるみる内に女装M男の身体には一本鞭の威力はこれだとばかり、鞭跡の赤い筋が何本も刻まれていった。
 ただ、この一本鞭は叩かれているこの女装M男から「凰麗女王様」へのプレゼントであるというからSとMの関係というのは見た目ではわからないのである。

 今回ストーリーも迫力もあるショーを行った「凰麗女王様」ではあるが、実はSMショーの出演は、今年9月の新宿DX歌舞伎町での「SM LIVE SHOW DX」を含めてまだ2回目であるというから驚きである。
 イベントコンサルもしている私としては格好のスターとばかり今後の出演を打診したが、「溜まったらネ」というお返事である。
 つまり男のスペルマではないが、女王様としての意気が次第に溜まっていき、それを吐き出したくなったらという意味らしい。
 次回のショーの機会が待ち遠しい。
 
<パンティずり下げ鞭打ち競演>
  
 「風見蘭喜ミラ狂美のお遊び、体験コーナー」に今回は、前出の、「凰麗女王様」も加わった。
 前回、このコーナーにはM男とS女が初めて上がり、今回もそのパターンかもと予想していたのだが、見回すとさっと女性の手が挙がった。
 小柄な彼女、マ○嬢、とにかく笑顔が可愛い。
 「どういうご希望を」と問いに、「ハードに」、「具体的には」という問いには、「鞭を」、とあまりにはっきりした答えに主催側の方が少々タジタジである。
 いつものように「縄のケバで服が汚れてしまう」という脱がせる誘いの口実に、彼女はどんどん脱いでいく。
 上着、スカート、靴、パンストと次第に大きくなる拍手と歓声を受けて、とうとうこれ以上は新宿ロフトプラスワン側より待ったがかかりそうな紫&黒のブラジャー、ヒモパンだけとなってしまった。

 「風見蘭喜」が上半身を縛り、鞭打ちの的となる彼女のお尻を突き出すように吊り下げた。
 まずは、「ミラ狂美」が軽く鞭打ちを始めた。紫の鞭に、紫&黒のヒモパンとお揃いである。
 ちなみにこの鞭は本日出店を張っていた銀龍堂バラ鞭である。
 ほとんどふだんのショーの打撃に近い鞭打ち状態であってもマ○嬢は、一向に平気である。
 すると、最初は意識的にしたのかどうかわからないが、鞭打ちでヒモパンのお尻タブを隠している部分が次第にをずり落ちてきた。 
 これには舞台上のメンバーも観客も大喜びである。
 鞭打ちというより「パンティずり下げ鞭打ち競演」とばかりも、「凰麗女王様」も、そして舞台に上がった女性のナマの声を伝えるべくマイク係の新宿ロフトプラスワンのスタッフまでが鞭打ちにチャレンジした。
 最後にはお尻タブの割れ目の線がギリギリの位置まで下がり、まるで新たなSMショーとして確立したような熱狂振りだった。

 だが、彼女の願望はまだ終わらなかった。
吊りをしてみたい」という言葉に、「ミラ狂美」はそのまま太腿に縄をかけ、右足、そして左足と、とうとうM字開脚状態にしてしまった。
 何しろ最後にはバイブのウィーンという音が響く中、このM字開脚状態女性の周りに「風見蘭喜」「ミラ狂美」「凰麗女王様」そして新宿ロフトプラスワンスタッフまでが取り囲むようにしてイカせようとする。 
 注目を集めた彼女の身体から生み出された汗を舐めた「ミラ狂美」の感想は「韓国の海苔の味」だったそうだ。

<松葉杖で来店>

 ティッシュ配りをする覗かなくても見えそうな超ミニスカートの娘、そこへぼさぼさ髪で、松葉杖で足を引きずったジャージ姿の怪しげな男が近づいていく。
 そして、彼女の身体をつかまえ、服の中へ手を差し入れるなど凌辱を繰り返した。
 挙句の果てには、パンストをビリビリと破り、松葉杖の先をその股間にぶち込む。
 パンティ以外は全て脱がせた身体を椅子に座らせ、顔には拘束マスクをかぶらせた。
 この拘束マスクは口の部分が固定されているので、常に開いたままとなっているが、あたかもその穴がダストシュート口でもあるかのように次々と丸めたティッシュをほうりこんでいく。 
 そのまま椅子に座った状態で片足が吊り上げられ、2008102807
怪しい男の嬲りは続いていった。 

 花道に引き立てられた娘は、それまで怪しい男がついていた松葉杖を背中に背負わされ、そこへ腕が固定されしまった。2008102808

 まるで昔の木枷による刑罰を見ているようだった。
 そして身動きがままならない彼女の股間には股縄が食い込み、延びたその先が怪しげな男が好き放題に操るのである。
 舞台の縁へ座らせ、ジャージからひきだされた怪しげな男の男性自身(擬似のディルド(例:ソフトタッチペニス))へご奉仕。
 舞台に仰向けに寝かされ、白いパンティの食い込みが目立つ片足上げの太腿には、ブツブツと刺した針と注射器までが飾られた。2008102809

 ラストは、その太腿を細い木の棒で叩き、一発で折ってしまった。
 よくわからないのは、そうして数々の苦難を乗り越えて結ばれた二人の絆の証なのか、足首に縄を巻き二人三脚にしたことだ。 
 これには舞台の階段を降りるに降りられず観客の爆笑を誘っていた。
 今日「ミラ狂美」が松葉杖をついて来店した時にドキッとしたものだが、こんな仕掛けだったとは。
 ハプニングマジシャン「ミラ狂美」のアイデアは尽きることがない。
(文中敬称略)
このエントリーをはてなブックマークに追加
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close