無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
NO.146「ファッションSM」
<装いからSM志向を強くアピール>
 来る6/13(土) *TKS
のパーティTHE GATE! が渋谷Seco Barで開かれる。

 このパーティはドレスコード指定なので、ファンタジー、SM、フェティッシュ、ゴス、ロリ、コスプレ、サイバー、ボディアート等装っていかなければ入場できない。(注:性器露出は不可)
(ドレスコードの参考画像を:TKSのフォトギャラリーで見ることができる。
 また、コスチュームに迷った場合は、販売店へ)

 しかしこれは逆に言えば、その装いから自分のSMプレイ志向を自分以外の者へ強くアピールする機会でもある。
 ふだんの生活の中や、また機会があっても言葉で説明するのは恥ずかしいやら、難しいやら・・・という方には、自分のスタイルで示せる絶好の機会である。

<情報交換、新しい世界への道>

 よってできれば興味本位のスタイルではなく、できるだけ本音を現したスタイルコスチューム例:ポニープレイ用口枷付きヘッドハーネスであることが望ましくなる。

 そしてパーティで出会った方々と志向が合えば貴重な情報交換の場となる。
 また、時には思いもよらない新しい世界への道が開けるキッカケになるかもしれないのである。

 さらにはパーティの中で行われるショーや、様々な志向のショップで刺激を受けるのいいかもしれない。
 また会場内に設けられたダンジョン(牢獄)プレイルームで試すコスチューム例:ハイネックテディのもいいだろう。
 (但し以下の行為は禁止
   ・吊りプレイの全て(器具やロープ等によるもの)
   ・火や蝋燭によるプレイの全て
   ・窒息プレイの全て
   ・性的行為
   ・牢獄ルームの器具の誤用、乱用
   ・TKSの安全スタッフメンバーの指示に従わないこと)

 但しめぐり合いにしろ、プレイにしろ、他人が嫌がる行為や迷惑行為はご法度であり、せっかくの貴方の装いが無駄になるので要ご注意!

<TKS?>

*TKS
 TKS(トーキョーキンクソサエティ、以下TKS)は、SM好きや、ボンデージ、ドミネーションなどに興味をもつ、オープン・マインドな人々の集まりです。
 日本で唯一の国際的な*BDSM非営利団体で、アメリカやヨーロッパの同じようなグループをモデルにしています。
 私達のサークルは最初2001年東京の何組かのカップルによってホームパーティとして個人的に小さく行っておりました。
 しかし少しずつ大きく成っていくにつれ、私達は、定期的にフェティッシュパーティを行って、もっとたくさんの人に楽しんでもらった方が良いのではないかと考えはじめました。
 私達は、*BDSMや、フェティッシュのファンタジーを通して、人間のセクシュアリティーを、アルタナティブ、かつクリエイティブ、そして冒険的に、表現していきたいと思っています。
 それによって、官能性の既存の枠組みを超え、考え方の視野を拡げ、総合的な人間性を高めることを目指しています。(主催者案内より)

コスチューム例:全頭マスク ラバー製 黒色

*BDSM

 BDSM(ビーディーエスエム)とは人間の性的な嗜好の中で嗜虐的性向を一纏めにして表現する言葉である。
 「B」…Bondage(ボンデージ) 「D」…Discipline(ディシプリン) 「SM」…Sadism & Masochism(サディズム & マゾヒズム)

 近しい文脈で語られる別の略語として、D&S、DS、D/S…Domination & Submission(ドミネイション:支配 & サブミッション:服従)と呼ばれる言葉も有る。
 そのためSMと区別してBDSMはBondage & Discipline(又はDomination) & Submission & Manipulation(マニピュレーション:操作)等と原義が割り振られる事が有り、解釈は様々である。
 ボンデージは直訳すれば「捕われの身分」であり、その状態を指す。
 ディシプリンは「懲戒」を意味し、西洋では体罰による厳しい躾も意味する。
 サディズムは加虐性向、マゾヒズムは被虐性向であるので、状況としての嗜虐と行為としての嗜虐を含む広範な言葉と言える。
(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 尚、本年11月14(土)には*TKSの同じ趣旨のパーティをさらに大掛かりにした「ジャパンフェティッシュボール」(新宿のキリストンカフェ東京にて)も予定されている。

◆◆SMまたはフェティッシュパーティへの参加体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSMまたはフェティッシュパーティをご紹介して下さい
このエントリーをはてなブックマークに追加
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close