無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
【このグッズはグッド93<SEX IN THE SHOWER>】
 バスルームは第二のプレイルームというのが持論である。
まるで童心に返ったように互いに裸になれるだけでなく、
  ・石鹸を使ったボディソーププレイ
  ・放尿、浣腸等のプレイ(自宅のバスルームで浣腸オナニー・・・「メスブタ日記 真性M熟女 神田つばきの私生活」より)

が気軽にでき、しかも後始末が楽だからだ。

しかし、難を言えば、バスルーム内でちょっとグッズを引っ掛けたいとか、体位で支えが欲しいと思った時につかまれるような突起が少ないことだ。
そんな時利用できるグッズが<SEX IN THE SHOWER>である。
また、工夫次第ではバスルーム以外にも大いに活用できそうだ。

<「SEX IN THE SHOWER デュアルロッキングハンドル」 ¥1,380(税込)>
 

「SEX IN THE SHOWER デュアルロッキングハンドル」 
「バスルーム等のプレイをもっと幅広く楽しむ為の吸盤式固定ハンドルです。滑りやすいバスルームなどでも、安全にプレイを行うことが出来ます。バスルームだけでなく、ホテルなどのガラス窓や平らなテーブルに取り付け、拘束具などを接続すると、貼り付け台のようなボンデージプレイにも利用できます」(女性の方でも安心してお求めできるお店 1Night Heaven 店長談)

<「SEX IN THE SHOWER シングルフットレスト」 ¥1,240(税込)>
 

「SEX IN THE SHOWER シングルフットレスト」


「バスルーム等のプレイをもっと幅広く楽しむ為の吸盤式固定フットレストです。滑りやすいバスルームなどでも、安全にプレイを行うことが出来ます。バスルームだけでなく、ホテルなどの平らなガラス窓や壁にも使用できます。デュアルロッキングハンドルとの組み合わせで更に幅広く活用できます」
(女性の方でも安心してお求めできるお店 1Night Heaven 店長談)

女性の方でも安心してお求めできるお店 1Night Heavenにて発売中 

<お勧めグッズ・体験談募集> 
・貴方が使われたお勧めのグッズの使用体験談をお寄せ下さい。    
メール:sk04007@nifty.com(Mドリーム主宰川口 タイトル:お勧めグッズ

     

超貧乏で不幸のドン底で気丈に暮らす美少女・楓(かえで)。母を亡くし、義理の父親と二人の兄と住んでいました。少しでも家計の足しになればと思った楓は、ある日、町にでかけマッチを売りはじめました...。しかし、ある日楓にとって一生忘れられない事件は起こったのです。その日も町に出かけようといつも通り部屋で着替えていると、いきなり泥酔状態の義理の父親が楓の部屋に入ってきて襲いかかってきたのです。抵抗する楓に容赦なく性的行為を迫る義理の父親...。まだまだ幼い楓は抵抗もできないまま、義理の父の思うがまま...。小さなお口に無理矢理チンポコを押し込まれ、フェラチオをさせられたり、まだ毛も生えていないつるつるのオマンコをジュルジュルーっと舐めまわされまくり、さらには酔っ払った義理の父は、飲んでいたお酒を楓のオマンコの割れ目に注ぎいでエッチなことばっかり...。そして楓の悲劇は、さらに残酷さをましていきました。丁度仕事から返ってきた二人の義理の兄が玄関のドアを開けた頃、義理の父は、楓のオマンコにチンコを入れようとしていました。助けを求めて必死でお兄ちゃんたちに向かって叫ぶ楓。しかし、所詮は義理の父の息子たち。血のつながらない妹にイタズラしたいのを、長年の間我慢してきた義理の兄たちにとって、父親の淫行は願ってもないチャンス!変態な義理の兄は、妹にローションを渡すと、風呂場に連れて行って、マットの上でマットプレイを強要します。楓は全身にローションを塗った体で兄の体に密着し、一生懸命体をあらってあげます...けなげな楓...(泣)今にも泣き出しそうな楓にお構いなしに、二人の兄は楓との3Pファックを企てます。無理やりWフェラをさせ、69から素股まで、日頃通ってるソープランド嬢にやらせるようなことを全てやらされる楓。我慢できなくなった息子にイラマチオを強要されてしまいます!吐きそうなほどに激しいイラマで責められる楓は見も心もずたずた。(つづく)
この動画をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加
 【5/23(日)芋洗い、見えないS、開脚Y字、白い布、甘酸っぱい、一番のプレゼント 悦縛艶女】 
<芋洗いと酸欠>
 前日の夏日に対して、当日は一転して肌寒い雨模様だった。
 午前中はSMとは関係のないノーマル映画の試写会へ行ったため、会場の四谷Good studioへ着いたのは午後2時近くなってしまった。
 当初から予想はしていたものの、約50?の室内は、床直座りのまま、まさに足の踏み場がない状態でびっしりと人、人、人で埋め尽くされていた。さらには舞台上の左右の隅までが座席の一部として占拠せざる状態にまでなっていた。
 それにしても、日曜の午後という家庭サービス・親密デートには絶好のゴールデンタイムにもかかわらず、これだけ多くの老若男女が一ヶ所に集まるには訳があった。
 それが人気ストリッパーの「結奈美子」、カリスマ調教師@鬼畜マジシャン「ミラ狂美」、ARCADIAの“王様”「蒼月流」という豪華ゲストメンバーが盛り上げた「風見蘭喜Birthday&狩野千秋ラストday」・・・「悦縛艶女」だった。
 これだけのそうそうたるメンバーが集まるとなれば、SMマニア・SMファンにとって家族も恋人も振り切ってというのは、無理からぬことだろう。
 しかも場内にはプロの女性緊縛師オサダ・ゼミナー長田一美や、
AVモデルプロモート・ライターの神田つばき
ARCADIA東京のGM堂山鉄心
等々が一般参加者に混ざり、まさにファン・マニア・プロ・関係者が芋を洗うような状態で、このまま密室状態が続くと酸欠の恐れさえ感じさせた。

<見えないSがまとわりついて>

 「ううう、ひー、わー、あぁぁ・・・」
 もっとも場内の大混雑に気づくより先に五感が呼び覚まされたのは舞台からの声だった。
 見れば、女性が一人、吊り代から下がった縄にからんで悶えていた。
 舞台には吊り代がいくつも設置されているが、いずれも通常の天井の高さなので、万一のことを思うと、落下より逆さになった時に頭を床に打ってしまうのが心配なくらいだ。
 最近では女性パフォーマーによる自吊りも増えてきたが、数本の縄を頼りに女性が宙を舞う姿はアダルトな空中サーカスである。
 本イベントのトップを飾った結奈美子(ゆい なみこ)の場合は、”男性の欲望を明確に理解し、ダンスステージの他にも、剃毛ショー・聖水ショー・わかめ酒ショーなどエロチシズム重視の舞台構成”と評されるだけあって、今回の場合もSMの集いという趣旨に応えてか自吊りというより、彼女にはあたかも目に見えないSがまとわりついて責められているという感じだった。
 片足を天井に、片足を床に向け、つまり百八十度縦に開脚という離れ業をしていたかと思うと、吊りからいきなり床へ投げ出されたかに見えた。(参考DVD:緊縛調教リアライズ 乱田舞の世界1」)
 きっと見えないSが責めを変えたかったのだろう。
 吐く荒い息が続く中、再びからめとられる縄に、次はロウソク責めが待っていた。

追伸
結奈美子」近日出演予定
  6/1(火)〜6/10(木)岐阜まさご座
  6/21(月)〜6/30(水)渋谷道頓堀劇場 

<開脚Y字にS笑、M泣>
 先に述べたように舞台天井にはいくつも吊り代が設けられているのだが、「狩野千秋」(かのう ちあき)はその一番観客席寄りを使った。
 かぶりつきの観客が手を伸ばせば、すぐに出演者の身体に触れてしまう超接近状態である。
 横吊りから、縄を曳いてほどくようにして、一気に支えなしの片足一本吊りを見せると、逆海老から床上10cmのブリッジへ。
 音楽が日本の琴から中国の胡弓の甲高い音調に変わると、再びM女を逆さまにした。
 しかもただの逆さではなく、開脚Y字状態というべきもので、腰縄があればそれに支えられ吊られている側もそれほどハードではないだろう。
 ところが、今日は、というより彼女のこの緊縛スタイルは今回初めての見たように思うのだが、その支えの腰縄までほどいてしまった。
 つまり、逆開脚された足先だけが左右斜めに吊り上げられて曳かれるという、どちらかと言えば拷問スタイルになった。

 しかも、それだけではなかった。
 そのままTバック状態にまで食い込んだ白いフンドシのM女の股間にロウソクを垂らすのである。
 ロウソクをそこに垂らす時の狩野千秋の楽しそうな微笑が実に印象的で、それとは対照的にこれまで何度も狩野千秋の緊縛を受けているはずのベテランのM女が泣き出してしまった。(参考DVD:SMレズビアン 浣腸と緊縛」)
 これが、苦痛の涙か、感激の涙か、はたまた”本公演をもって狩野千秋はイベント出演休業”というお別れを名残惜しんでの涙なのか定かではない。
 それを見ていた過去に狩野千秋に緊縛されたことのある某有名熟M女は、狩野千秋なら「いつかまた縛られたい」という。
 恐らくこういう願望の残った男女は少なくないのではないだろうか。
 いつか、”狩野千秋の緊縛を思い出す同窓会”が実現するかもしれない。
 狩野千秋は、本日のイベントの前日に自宅の階段から落ちて股関節を痛めたそうだが、その痛々しさも見せず、こうして最後の舞台を無事に務めた。
 お疲れ様、本当に長い間お疲れ様、である。

<白い布はこう使う>

 毎回どこからこういう可愛い女の子を見つけてくるのか思うのがカリスマ調教師@鬼畜マジシャン「ミラ狂美」(くるみ)である。(参考DVD:M女狩り はるか) 
 今回もピンクのショートワンピースがよく似合っているM女である。
 白い布を彼女の両手首に巻き、今日は優しく布を縄代わりに使うのかと思ったら、結んだ両手首で作られた輪でミラ狂美の首をからめさせた。
 さながら恋人同士なら彼女は彼氏の首に熱く抱きついたというシーンだろうが、両手の自由が奪われ密着されたM女の身体は、S男の弄り放題というところだ。
 観客側に背中を向けさせられた彼女のスカートが捲くられ、痴漢さながらの嬲りが衆目にさらされた。その舞台にはフランス語の甘い言葉が流れるバックミュージックがよく似合っていた。

 音楽バンド、手品、SMと様々なジャンルにをこなすミラ狂美に、「今日は手品は?」との事前の問いに、「今日はSMで」と、その言葉に違えず、白い布と縄でM女を喘がせた。
 まずは水平に吊られてさらけ出された女体の肌に、隅々まで満遍なく行き渡るように、棒の先につけたロウソクでロウを垂らしていった。
 吊られたM女の身体の左右に白い布を巻きつけ、その布を曳きヒモの代わりにして、まるで羽衣を着けた天女が天空を舞うように舞台から大きく振られて飛び出した。
 そして汗が止まらないくらいの混雑に少しでも涼しさを感じてもらうように意識したのか、吊られたM女の左右に樹氷のように白い布が飾られた。
 毎回新たな舞台演出を施すミラ狂美だが、ひょっとすると狩野千秋へ向かって白い布でお別れのハンカチを振ったのかもしれない。
  
追伸
 ミラ狂美が月に一度定期出演している「見世物小屋的アングラ・エンターテインメントの極地にして、最強&最狂のライヴ・イヴェント 毒蟲」は次回6/10(木)の第50回でラスト公演になるとのことだ。
 【毒蟲 vol,50 ミラ狂美生誕の宴 〜次章へのプロローグ】
 日時:6/10(木)18:30〜24:00
 会場:新宿ロフトプラスワン
    新宿区歌舞伎町1-14-7 林ビルB1  TEL03-3205-6864
 料金:♂ 6000円 ♀ 3000円 ♂+♀ 7000円 (各1ドリンク込、フライヤー持参又は予約で500円オフ)
    
<プレイ後の甘酸っぱい余韻>

 舞台に置かれた座布団の上で、光沢のある赤い長襦袢姿の女が、まるで子供があや取りでもするかのように縄で自縛を始めた。
 その悪戯を見咎めたようにいきなり現れたのが、黒い着物姿の男だった。
 二人にはどういう因縁があるのか、長襦袢姿の女はその男が身体に触れる都度に激しく反応したが、結局されるがままだった。
 観客席に向かって立ったまま後ろ向きにむかれた女の下半身は、ふっくらとしたお尻が見えるだけで何もなかった。
 そこへ取り出した長く白い布を、男が彼女のウェストにサッと巻いたかと思うと、あっと言う間にいつもSMショーで見ているようなM女のフンドシ掛けが作られた。(私も未だ女性にこのようにフンドシ掛けをしたことがないので、今度試したいと思った)
 緊縛も吊りも、ストップモーションのように一瞬動きが止まったかに見える時以外は、まるで映像を見ているように流れていく。
 ヒュッと風を切る一本鞭、音からしてもかなり強烈である。
 その鞭を身体に受けた声が、まるで実際にプレイで夢中になっている時の、M女の声そのままである。
 どうやら、縄一本掛けられるのも、鞭の一叩きも、ロウソクの一垂らしも、このM女にとってはS男の愛撫の一らしい。
 激しく責められることによって爆発的に起こる心身の反応に、自分で自分を抑えられないという風情がビンビンと伝わってくるのだ。
 S男は、今日の責めに使った縄を、上から垂らすようして去っていく。
 虚脱状態から覚めて一人になったM女は、惜しむかのように男の残した縄をたぐり寄せたのだった。
 SM純愛物語とでも言うべき、このSとMのプレイ後の甘酸っぱい余韻がいつまでも残るような迫真のショーを演じたのは、東京・大阪のSM&Fetishバー「ARCADIAのオーナーにして0523-1
SMサークルALCATRAZ主宰の「蒼月流」(あおつき ながれ)である。
 これを見ていた某有名熟M女が「蒼月さんの舞台は初めて見たけれど、大感激。私もしてもらいたい・・・」と言わしめた。

追伸
 ■6月18日(金)〜6月19日(土)〜王様night〜
  ご存じ“王様”蒼月流ARCADIA TOKYOに降臨。
  会ったことのある人もない人も、これを機会に蒼月流を体験してみよう!

<本日一番のプレゼントは>

 今日風見蘭喜(かざみ らんき)がM女モデルとして連れて来た女性は初舞台だという。
 モデル並の体型とマスクを別にすれば、ナチュラルボブな髪型、白いスーツに黒いスカートは、いかにも素人風だった。むかれた白いスーツの下はノーブラで、丸く白い乳房の先は未だ決心をつきかねているかに見えた。
 脚には遠目にもわかる微かな震え、髪を垂らして背ける顔、何とも初々しさが伝わってきた。バラ鞭とは言え、生で打たれた時の飾り気のない新鮮な喘ぎと悲鳴もよかった。
 観客注目の中、吊られたまま開脚されたビキニショーツの上から優しげに愛撫され、そして激しく弄り回されている自分の姿を、彼女はその時頭の中ではどのように感じていたのだろうか。
 風見蘭喜の48歳バースディを兼ねた本イベントだが、どうやら風見蘭喜にとっては彼女というM女が本日一番のプレゼントではなかったのか。
(参考:写真集付きDVD-BOX「極悪伝 ‘残虐非道縄師’風見蘭喜その女体暴行の全記録!」
 パンティの裾にまで縄がくくられ、右足の太腿、膝、足首とどうやら片足一本吊りへ向かう・・・ 
追伸
 風見蘭喜主宰サークルM’s「緊縛サロン(東京)」
東京・高田馬場スタジオにて緊縛サロンを開催します。
 縛りに興味のある男性・女性・・・・
 縛り縛られしてみませんか?
 楽しくみんなでワイワイがやがや騒ぎましょう!!
  場所 東京・高田馬場事務所
  時間 19:00〜23:00
  料金 男性  ¥5000−
     カップル¥5000−
     女性  ¥1000−
  尚、ソフトドリンクはご用意しますが、差し入れ大歓迎です。

 ・・・当日はあいにくとこのイベント後にどうしても外せない”粋な用事”があり、このラストショーをギリギリの6時20分まで見ていたのだが、惜しくも途中で引き上げざるを得なかった。
 そのショーの結末やら、打ち上げパーティが、どのようにこの多くの参加者の興奮を収めたのか、そのまま乱れたのか、それは居た者だけしか知らないのである。
  Happy Birthday! 風見蘭喜
  Thank you very much!狩野千秋

(文中 敬称略) 
このエントリーをはてなブックマークに追加
【NO.167 ポニー乗馬を楽しむ】
大人のコミュ・モンロー」:Hな大人の性生活暴露メールコミュニティーです。友達や家族には言えない性生活の話ができるメル友をたくさん見つけてください本文最上段クリック→上段「詳細検索」→「検索条件設定」→「モンローで何したい」→「アブノーマル&SM」をチェック、「あなたのSM度」の該当項目をチェック、「お好みのプレイ」の該当項目をチェック(その他希望項目をチェック)→検索すると該当者を表示)

 季節がよくなってきたので、乗馬でもしてみたい。
 ただ、このメス馬はかなり調教が必要なのである。
アイビーマノー 6 ポニーガールズ イン トレーニング

<ポニーガール>

 人間を馬として扱うのがポニープレイであり、そのプレイにおいて馬に扮する女性をポニーガールという。
 多くの場合は馬という家畜として扱われることに対する倒錯した性的欲求を満たすために行なわれるため、非人間的な扱いを行なうことが多い(もちろん同意の上で)。
 大別して以下のように分類される。
  ・家畜、もしくは使役馬として酷使される馬
  ・ショーポニーと呼ばれる観賞用の馬
  ・繁殖牝馬


 プレイの形式としては、大別して単純に馬として調教を行なうものと、乗馬プレイとがある。
 乗馬プレイも馬車に見立てて車を引かせるものと、人が直接女性に乗るのとの二系統に分類できるが、前者が一般的である。
 後者は、さらに四つん這いの姿勢に馬乗りになるタイプと、おんぶするタイプ、肩車をするタイプがある。
 おんぶと肩車は女性には肉体的に難しい。
(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』) 

 まず先に、身支度だ。
<ポニーガールのスタイル >

 ポニーガールは馬に見立てるために、馬具を模倣した道具を着用することが多い。
 扮する女性は頭部におもがいや、くつわを装着する。
 またレース馬と見立てる場合は遮眼帯なども装着する。
 髪をたてがみに見立てるためにモヒカン刈りのような髪型にすることもある。
 胸は多くの場合露出させることが多いが、レオタード状の衣装で黒、もしくは茶色という馬の毛色を再現することもある。
 場合によっては革製の鞍を背負わせ、ウェストベルトやボディハーネスにあぶみをぶらさげる。
 臀部には尻尾を模した髪の束をぶら下げる。
 これは多くの場合、髪色にあわせた馬の尻尾風毛付きのディルドをアナルに挿入するか、尾てい骨付近にぶら下げる。
 また、前述のモヒカン刈りで切り落とした髪の毛を用いることもある。
 足にはひづめの代わりとして厚底、ハイヒールのブーツを履かせる。
 近年では専用のひづめ付きのブーツなども市販されている。
 多くの場合、強制的につま先立ちにさせることでかかと部分を馬の足首の球節に見立てることが多い。
 四つん這いの場合には手にもグローブを装着し、ひづめ風のパーツをかぶせる。
 御者役は一輪や二輪、四輪の馬車もしくは荷車に乗り手綱を握る。また調教師となる場合は乗馬服に鞭を持ち、馬としての動作を教え込む。
(参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』) 

 全裸の状態で、頭には、「ポニープレイ用口枷付きヘッドハーネス167-01
167-02
か、「ハードコアポニー (手綱付き)167-03
167-04
を付け、
 お尻には「ポニーアナルプラグ167-05
167-06
で尻尾を着けさせる。
 そして、四つん這いにすれば167-07
一応形はできる。

 もっとも、こちらも鞭の使い方に工夫が必要だ。
 単に叩くのではなく、鞭でその行動をコントロールしなければならないからである。

 できれば部屋の中ではなく、いつかこのメス馬に野外で車をひかせてみたいものだ。
(ポニープレイ参考画像:167-08
DVD「人妻変奴通信2 〜破滅願望の女〜」より)

(上記の画像は、SMグッズのエピキュリアン167-09
より
 また、グッズ及びDVDもSMグッズのエピキュリアンで求めることができる)

**まだまだお楽しみ話題はある**

全てがドラムカンでしか見れないオリジナルコンテンツ。いろいろなジャンルから集まった50以上の複合サイトが見放題!乱交/調教/浣腸/街撮盗撮など、他にも、各種マニア・フェチ向けの内容も充実!
****

◆◆ポニープレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSMイプレイをご紹介して下さい
このエントリーをはてなブックマークに追加
 【5/1(土)イベントで見た開口するためのグッズ】
 本ブログ及びメールマガジンMドリーム をご覧になった方から以下の通りお便りがありました。

「初めまして、いつもブログとか、マガジンを楽しく拝見させて頂いております。
 私のご主人様は口や鼻を責めるのが好きです。(私もいつのまに好きになっていました)
 実はご主人様と二人で以前あるイベントに行きました。
 私はこういうイベントは初めてなのでびっくりしました。
 実はそこで口枷というか開口するためのグッズというのでしょうかとても珍しい物を見かけました。
 金属製で、何か留め金のようなものをはずとガクンと強制的に口を開かせてしまうのです。
 もし、そのような物をご存知なら販売店を含めて教えて頂けないでしょうか。お願いばかりですみません」(口枷に燃えている女より) 

★★口枷に燃えている女さんお便りありがとうございました。お話から
 想像しますと、「ホワイトヘッド開口器0501-01
0501-02
0501-03
と呼ばれている物ではないかと思います。
 これならSMグッズのエピキュリアンにて発売しています。
 もし、ご希望と異なるものでしたらすみません。
 貴方とご主人様との口鼻責めのプレイはどのようにされているのか大変興味がありますので、よろしければまたお便りをして下さい。
            (Mドリーム主宰 川口青樹)

88センチFカップ美乳、正真正銘の痴女菅野ゆりあ!心の奥底から沸き上がる性欲が大爆発!画面を通してもその巧さは伝わるだろう。まるで舌それ自体が別の意思を持ったかのような細かくしなやかな動きで、チンポを根元から這い、一度咥えこむとうねるような唾液の音が・・・。「エロいフェラテク」エロいお姉さんのエロいフェラテクに鬼の男根も発射寸前の爆発5秒前!「制御不能中出し」 四つん這いバックで力強く犯されるたびに、自慢のFカップ美乳が大きく揺れる!「オナニー三昧」マンコを挑発に広げ、誰かに見られて欲しいとばかりにオナニー三昧〜エロ姉さんの快楽を制御不能に陥れる!
この動画をダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加
【5/11(火)SMの酒池肉林 新宿大調教祭】
<開演前に服を脱ぎ始めた男達>
 本ブログでも、昨年12/6(日)SM史の目撃者となった日 女王様の毒艶会Vol8 in Tokyoから、
4/3(土)同時3人調教・2人浣腸 桜田伝次郎・伝説の浣腸ショウまでお伝えしてきた、ストリップ芸人松本格子戸(まつもと こうしど)プロデュースによる「新宿南口実験劇場
と呼ばれる新宿シアターPOOでのSMイベントも既に第七弾を迎えた。
 この「新宿大調教祭」が、「女王様の毒艶会」や「桜田伝次郎・伝説の浣腸ショウ」と会場のセットが異なるのは、舞台の中心部から観客席に向かってストリップ劇場ではお馴染みの花道が設けられていることだった。
 これで先端が回る盆になっていればまさにストリップ劇場そのものである。

 今回の参加者は概ね男性は中高年層が大半なのだが、女性と言えば若い女性が多い。
 間もなく開演という時を前にして詰め掛けた参加男性陣が服を脱ぎ始めた。
 湯に入って一日の疲れを癒そうとする銭湯の脱衣場・・・ではなく本番直前のトラックを前にして着ていたジャージを脱いで余念なく準備をするアスリートと言う方が、この緊張感が漂う空間には似合いそうだった。 

<シーナと愉快な仲間達>

 黒い髪にメガネ、白いブラウスに黒いスカートと赤いヒール、手には金属の指し棒・・・そう、今にも生徒を叱りつけそうな厳しい学校の教師、というスタイルでその花道に登場したのは、新宿区歌舞伎町二丁目の
SMスナックじゅんこのママのシーナ女王様(画像はSMスナックじゅんこのサイトより)
である。
 まるで教室で出席をとるように「カ○、ノ○○、マ○○・・・」等指し棒で指しながら会場の参加者を指名していく。
 すると、Tバック、女性用ショーツの勝負パンツスタイルの参加男性が次々と舞台に上がった。
 むろん、男性ばかりではなく、女性も3名、計15名である。
 会場の新宿シアターPOOの舞台と観客席イメージをご存知の方ならおわかりだと思うが、こうなるとどっちが舞台なのか、観客席なのかわからなくなる。
 それにしても、舞台に足の踏み場もないこれだけの人数を前にして、いったいシーナ女王様はどうさばこうというのか。
 
 ところがさすがである。
 まずは希望する調教別に、緊縛、鞭打ち、ロウソク、椅子と言わば隊分けをする。
 しかも、「今日は身体に跡が残せない者は手をあげて」とあくまでお客をフォローする心配りがプロである。
 同時に短時間でさばく工夫として、舞台上での助手を任命し、さらに臨時女王様役を仕立てるのである。
 こうして、助手から縄を受け取ったシーナ女王様は自ら緊縛を始める一方、任命された臨時女王様役ARCADIA東京ひなJessica(ジェシカ)(画像はいずれもARCADIA東京のサイトより)が、号令一下居並んだ鞭打ち隊のお尻に向かって鞭を振るい、人間家具となった椅子に腰を下ろす。
 「アチ、チ、チ・・・」
 「大丈夫よ、低温ロウソクだと思えば」

 どうやら、束ねられた白いロウソクは即効性を考えてか低温ロウソクでないらしい。
 吊り上げたM男にそのロウソクを持たせ、並んだ丸太のように仰向けに寝ているロウソク隊のM男陣の上へ、振り子のようにして浴びせかけM男流の喘ぎ声を上げさせる。
 もう臨時女王様役にさんざん叩かれた鞭打ち隊のお尻はすっかり赤くなっているのだが、まだシーナ女王様一本鞭の出番が待っていた。
 花道を目一杯使い、居並んだ四つのお尻を目指して風を切るように一本鞭が飛ぶ。
 しかも、観客はその鞭さばきだけではなく、その背景には新たに登場した白いフリルのスカートの結城苺(ゆうき いちご)(画像はブログ結城苺日記より)のピチピチとした自吊りまで楽しむことができた。 
 こうして「シーナと愉快な仲間達」と言うか、「シーナの調教動物園」と言うかは別にして、汗とロウソクと鞭跡、緊縛跡にまみれた、まさに、「新宿大調教祭」の幕開けに相応しいというか、この後の展開に背筋が寒くなるのをおぼえたイベントのスタートを切ったのだった。
 尚、SMスナックじゅんこは、今年で2周年を迎え 6/5(日)この新宿シアターPOOで記念イベントスナックじゅんこ2周年!祭!を行う。ゲストは西の極悪の上条早樹女王様だそうだ。お楽しみに。

 追伸:ARCADIA東京は、8月で1周年を迎え、現在周年行事を企画中とのことである。

 <観客に委ねられた操り人形>

 大阪・東京のミストレスバーMADDERのママでニューハーフミストレス佐倉まび女王様(画像はミストレスバーMADDERのサイトより)は、二人の黒いドレスとボンデージスタイルの女性(?)を舞台へと引っ張り出した。
 色付きの縄で二人を立ったまま重ねるように縛り上げたのだが、何故か二人からは幾本もの縄が長く延びていた。
 そしてその縄を観客に渡すのである。
 その縄を観客が引っ張ると、縛られた二人が喘ぎ声を出す。
 何故ならば、緊縛された縄は、二人の股間を挟み込むように通って、そのまま観客の手に委ねられているからである。
 まるで縛られた二人は操り人形か、リモコン操作のロボットのように、縄の引き加減で反応せざるを得ない。
 次に佐倉まび女王様が取り出したのは、手錠である。
 それも鎖でいくつも繋がった手錠なので、舞台に上がった調教希望のM男軍団がこれで全て一つに繋がれてしまった。
 ここで新宿SM喫茶アフロディーテの凛(リン)女王様(画像はSM喫茶アフロディーテのサイトより)がお手伝いに上がり、繋がれたM男達のお尻へのスパンキング音が高らかに鳴り始めた。
 佐倉まび女王様は鞭の使い方も鮮やかである。
 そして被体験者ならご理解いただけると思うが、よくもこれだけの長さの鞭にと思うくらい、長い1本鞭打ちに耐えるM男、ニューハーフ達なのである。

 <シャワーのような放水>
 今日の参加者の中には、わざわざこの女王様の出演を見るだけために九州から上京した方がいた。
 大きな花束が贈られ、まさに女王の貫禄を見せたのは、黒のボンデージビキニを艶やかな赤のロングコートの夜羽(よはね)エマ女王様(画像は夜羽エマ女王様のサイトより)である。
 舞台に上がった7人のM男を仰向けにして、その並んだ上を先に登場した結城苺に四つん這いで這わせたり、因幡の白ウサギのように歩かせるが、これは中々見栄えのある光景である。
 夜羽エマ女王様のショーの一つの特徴が>”女王様の養成講座”
である。
 今回は結城苺と、同じく先に登場したARCADIA東京Jessica(ジェシカがその講座を受けた。
 夜羽エマ女王様のご命令を受けて、仰向けに寝たままの7人のM男達が、ストリップ劇場のポラロイドスタイルでは「カエル」また「産婦人科」と呼ばれている(赤ちゃんのオムツ交換スタイルに近い)スタイルとなり股間を開いた。
 そこへ夜羽エマ女王様のお手本に習って、二人の新米女王様の練習となる。
 新米女王様は鞭打ちの加減がわからないせいか、M男達が上げるのが、喘ぎとなったり、悲鳴となったりする。
 さらに、M男の二人の上にさらにM男を乗せ、まるで小学校の組体操のままの鞭打ち、仰向けに寝たM男の上にさらにM男を寝かせての鞭打ち、また鉛筆を指の間に挟んで通し、それを上から叩き割る(鉛筆を指で挟ませるというのは昔行われた拷問の一種なのだが、この鉛筆をそのM男本人が買ってきたというのだから嫌も応もないだろう)等、そのスタイルは実にバラエティに富んでいる。
 舞台の補助から後片付けまでこなす名物M男は、無毛の頭に爪楊枝刺し、ロウソク立てが行われ、おっかなびっくりのようすながら二人の新米女王様もそれに習った。

 そしていよいよ、お待ちかねのシーンとなる。
 7人のM男が、立っている結城苺の足元を中心に頭を集めるよう円形に仰向けに寝た。
 準備ができると結城苺の股間からは、Mが言うところの”聖水”が放たれた。
 それにしても結城苺の聖水タイミングは見事である。
 女性の肉体構造上難しい、小刻みの排尿を、まるでジョウロで花に水をやるがごとく行っていくのである。
 だが、やはり聖水と言えばこの人だろう。
 夜羽エマ女王様の股間から放たれそれは、まるでシャワーで送り出されたような勢いなのである。
 しかも、一度だけでなく、角度を変えて数回、その放水の勢いは止まらない。

<貴重な緊縛SMショー>

 今日は雨で外は肌寒いのだが、新宿シアターPOOの場内は異様な興奮と熱気に包まれ、多くの参加者が上気してしまったこのイベントを〆るには、何かが必要だった。
 そういう意味では、この展開を予想し次の構成を考えたストリップ芸人松本格子戸のプロデューサー力は大したものである。
 それが女流緊縛師狩野千秋(かのう ちあき)M女N・Oによる正統派の緊縛SMショーだった。
 (狩野千秋とM女N・OによるSMDVD例:SMレズビアン 浣腸と緊縛
 三味線の心地よい響きの中、地味な作務衣が、吊られた青地の着物の裾を巻くりあげ、フンドシの食い込んだ下半身を露出させた。
 やはり和風スタイルが日本の緊縛SMの原点ではないかと思う。
 宙でうつ伏せのまま両手足を留める駿河問いにも似た形にしたと思ったら、鞭打ちにより一気に逆転させた。
 片足を1本吊りのまま逆さになったM女N・Oの束ねられたの髪の先が床を掃く。
 胴1本吊りのブリッジスタイルで乳首が天井を突き刺すように向いていた。
 それまでの場内の騒がしさが一転し、緊張の息遣いの中、スポットライトを浴びた縄の擦れ合う音、鞭音、そして喘ぎだけが静かにSMを物語っていた。

 実は、狩野千秋は、来る5/23(日)のイベントを最後にイベント出演休業となる。
(イベントの詳細は、「悦縛艶女」公式サイトをご覧下さい】
 そういう意味では、今回は別の意味で新宿シアターPOOで行われた貴重な緊縛SMショーとなった。

 <「新宿大調教祭」流酒池肉林>

 酒池肉林(しゅちにくりん)とは酒や肉が豊富で豪奢な酒宴という意味で、古代中国の殷の紂王が愛姫である妲己の歓心を買うため、その言うがままに日夜「酒をもって池と為し、肉を縣けて林と為し・・・」という酒色に耽り、民を虐げた(とされる)故事に由来する四字熟語である。
 ただ、「新宿大調教祭」の場合はこれがまた一味異なる、言ってみれば”SMの酒池肉林”とでも言うべきか。
 つまり、新宿大調教祭の酒池肉林のその”肉”は何かと言えば、
 女王様、ニューハーフ女王様、M男、M女、女装M女の汗と、ロウソクの滴と、縄跡、鞭跡にまみれた肌であり、
 ”酒”は、
  女王様の聖水=ネクター(飲尿を好む者からはこう呼ばれる。古代ギリシア神話におけるネクタル(ネクタール)という神々が常食とする生命の酒が語源のようだ)
であった。
  
 大好評の本イベントは、次回は6/3(木)同じ会場にて開催予定である。
 尚、「新宿南口実験劇場」は、以下の通り、今週土曜・日曜に、第八弾・第九弾と続く。
 共に、
 会 場:新宿シアターPOO
    〒160-0022 新宿区新宿3-35-5 守ビル3F
    TEL/ 03-3341-8992
 問合せ: 090-3658-2945(松本格子戸)
    mail pinpei-1201@ezweb.ne.jp
である。 
 たまには一日酒池肉林に溺れてしまうのも・・・。

 5/15(土)明日は桜田伝次郎・伝説の浣腸ショウ 新宿シアターPOO
  「新宿南口実験劇場第八弾
   日本の元祖SMショウ「桜田伝次郎・伝説の浣腸ショウ」
   出演:桜田伝次郎(日本のSM界の伝説の仕掛け人・SMショの元祖)
    &M女多数 総合司会松本格子戸」
  時  間:19:00〜
  入場料:1万円(飲み物付き)

 【5/16(日)女王様の毒艶会in Tokyo 新宿シアターPOO
  「新宿南口実験劇場第九弾
   女王様の毒艶会in Tokyo
   出演:上条早樹&愛子(西の極悪関東見参)
       薫&蘭(Fetish bar Dolceママ&Silentmoonママ)
       蕾火&雪那(耽美系女流緊縛師)
       小室芹奈&あすみ(刺青鬼畜女流緊縛師)
       結城苺(アイドル自縛自吊りショー)
       総合司会松本格子戸」
  時  間:13:30〜
  入場料:男8,000 女5,000 女装子5,000
        共に1ドリンク付きフライヤーご持参の方は500オフ
 (文中敬称略)
このエントリーをはてなブックマークに追加
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved