無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
NO.263【足技奴隷】
<三寸金連>
 足技と言っても柔道等武道のそれではない。
 ご主人様へのご奉仕に”足”を最大限に活用するというものなのである。
 
 足を性の道具として珍重したのは中国である。
 纏足(てんそく)という言葉を聞かれた方もいると思う。

 これはその当時の美人の条件が、いや女性のたしなみと云った方がよいかもしれないが、小さい足=小脚(または小足)だったことによる。

 この小脚を美的に表現すると、妖艶な小説「金瓶梅」の主人公の一人と同名の”金蓮”というのだそうだが、幼いころから矯正した結果、三寸金連(約9cm)が理想だったという。

では、どのようにその足を楽しんだかと言えば、
  ・耳の楽しみ(例:「聴」 足音を聞く)
  ・目の楽しみ(例:「窺」盗み見る)
  ・鼻の楽しみ(例:「臭」鼻を素足にあててかぐ)
  ・口の楽しみ(例:「呑」すっかり口にふくむ)
  ・テクニック(手以外)(例:「挟」脇の下で足を強くはさむ)
  ・テクニック(手)(例:「握」握る)

等々とてもこれが足に対してだけとは思えない楽しみ方があったようである。

 そして、それらを実行するための「足乗せ台」と呼ばれる専用グッズがあったそうだ。
 
(参考資料:「中国五千年 性の文化史」 

************************************************
<生 美脚>

(やらしいカラダ・奇跡の美脚_One)
************************************************

<両足首を縛られた紐を高く左右に持ち上げられ>
  本題の”足技奴隷”だが、その名も”藩金蓮”と命名されている女性がいる。
 元々は某SMクラブの女王様だったそうだ。

 子供の頃は、筋肉のこりに悩んでいる父親のうつ伏せに寝ている背中に立ったまま乗り、足でマッサージをしたというのが、彼女にとっては足を使った最初の奉仕だったという。

 OLの仕事に飽きたらず、気が付いていたらSMクラブで働いていたということだが、それ自体はごく普通の路線である。

 彼女の得意技は、足をつかった責めで、それを器用に飴とムチとして使い分け、多くのM男リピーターを抱える売れっ子になった。

 それが、人の紹介により、Zと呼ばれる人物と出会いすっかり気に入られたらしい。
 Zという人物の国籍は定かではないが、中国の官能小説「金瓶梅」
(例:「金瓶梅」(本)、金瓶梅(きんぺいばい) <上巻>(DVD動画)
の大ファンで書籍・映像・資料に至るまでその収集は自宅の一室を専用書庫とするくらいのものだということだ。

 そして”藩金蓮”と名付けられた彼女に求められたのは、まさに小説の中の藩金蓮役そのものを演じる、と云うより成りきるということだった。

 例えば物語の中の「藩金蓮、葡萄棚で酔う」のシーンの、葡萄棚の下で、全裸で仰向けのまま両足首を縛られた紐を高く左右に持ち上げられ、開かれた局部めがけて李が投げ入れられること等が行われたそうだ。
 
 さすがに纏足はしないまでも、そのZという人物は、藩金蓮役の彼女に物語イメージに近い衣装や履物を数多く用意したそうだ。
 そうした中、特に彼女がZに喜ばれたのが、足を使ったご奉仕だった。

 藩金蓮と呼ばれるようになった時点では、彼女はS女王様というよりM女役に転身したようなものだそうだが、難なく受け入れたそうである。
 そして、今では自分の足技でご主人様が満足されることに喜びを感じているのだそうだ。
 
◆◆SMまたは性の足技の体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

参考:足フェチの為の脚フェチ情報!東京SMクラブ編
   この脚の動きに・・・・
   ふぅ。足フェチじゃないけどこの画像で抜いた・・・【30枚】

<SMパートナー探しMeetSM 女性会員向け
MeetSM 女性会員向け
<SMパートナー探しMeetSM 男性会員向け
MeetSM 男性会員向け
このエントリーをはてなブックマークに追加
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close