無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
4/11 フェティッシュな心のオアシス Oasis Salon
<白基調の部屋が変身>
  多くの人が集まる恵比寿ガーデンとは反対側の西口から徒歩数分の住宅街の中にあるのが、
 「ラテンアメリカの田舎町にあるような、やさしい空間が時間を忘れさせてくれるcafe&BAR PUNTO PUNTA ”スペイン語で‘点と点’という意味の店舗名は、点であるお客様たちが【PUNTO PUNTA】を通してつながってもらえれば・・・そんな気持ちを込め名付けました”」(店舗インフォメーションより)である。
 店の外階段から2階へ上がると、全体を白で基調している貸切ルームバーで、昼間は陽が当たるとその部屋(画像は店のサイトより転載)にいるだけで何だか心休まりそうな感がある。
 まさか、そこが、夕闇が辺りを包み込む時間になると、フェティッシュな人々がその思い思いの話題を楽しみ、エロティックなポールダンスや、SM緊縛、SMボディアクセサリーの試着の舞台等になるとは、参加した者でないと想像しえないだろう。

<オアシスは毎月定期的に>

 TKS(トーキョーキンクソサエティ、以下TKS)は、SM好きや、ボンデージ、ドミネーションなどに興味をもつ、オープン・マインドな人々の集まりで、「THE GATE!」「Japan Fetish Ball」等様々なバックグラウンドを持った人々が、偏見を持つことなく出会い、知り合える、安全なイベントやパーティーを企画・実行している。

 今回の「Oasis Salon」のその一つで、
「"The Gate"や"Japan Fetish Ball"のようなパーティに参加するのもいいですが、もっとカジュアルでリラックスしたイベントでTKSのメンバーや参加者に会う機会もあります。オアシスはおしゃべりとドリンクのラウンジタイムで、くだけた雰囲気で参加できます。ドレスコード無しなのでどなたでも歓迎です!
"オアシス"という名前はリラックスした、ドレスコード無しのカジュアルなDJラウンジイベントをイメージしています。オープンマインドな人々が集まって様々なライフスタイルなどについて話したり友人を見つけたりできます。
TKS のインハウスDJが毎月クールでアンダーグランドなラウンジミュージックを軽快なミックスでお送りする中、TKSのメンバーも皆様とお話しできますのを楽しみにしています。アンダーグランドアートやフェティッシュ、SM等、アンダーグランドな世界に興味のあるオープンマインドな方々を歓迎いたします。
オアシスは毎月定期的に行われます。」TKSocietyのウェブサイトの予定表で日時と場所をご確認のうえお越しください(変更となる場合がありますので)。
 オアシスはホステスバータイプのイベントではありませんし、服を脱いだりは(他のイベントでも)できません。オアシスは都内のカジュアルなバースペースで開催されます。バーのオーナーの方々はフェティッシュイベントにも理解があり、オアシスのようなカジュアルな飲み会にも協賛いただいています」(TKSサイトより引用)
というお気楽な会である。
 今回は、来る6/13(土)に行われる予定のTKSの次回恒例大型イベント「THE GATE! (ゲート)」(@ Seco Bar - 渋谷)の打ち合わせとメンバーとの久々の邂逅を兼ねておじゃましたのだが・・・

<宇宙遊泳か、X字架も、初縛り、コルセット・SMボディアクセサリー着用>

 イベントの会場の中が静まり返っているような時でも、その空中ダンスの華麗さに人目を集中させるのがポールダンスである。今回の会でもTKSメンバーにより組み立て式のポールが持ち込まれ、ワインレッド、黒、シルバー、それぞれに特長のある衣装で3人の細身の肢体を必要最低限に包み、出初式か、宇宙遊泳を思わせる、とても1本の縦の棒に支えられてるとは思えないアクロバットな舞を、天井と床、そしてそれを結ぶわずかなスペースに見せるのである。
 この会には今回もTKSオーガナイザーの「チャ−ム」(mixi)を始め、様々なメンバーが集まっていた。いつもパーティではSMプレイエリア(ダンジュンルーム)の交代要員として顔を合わせるmistrees HIJIRI」(mixi)は、今日は手際よく一人500円の参加費を集め、何とバーテンダーまで自主的に勤めていた。(但し注文のほとんどはビール)
 鞭・首輪・拘束具等の注文制作でSM界では有名なショップ銀龍堂代表のgray(mixi)によれば、次回の「THE GATE!」 では、ステージの吊りの櫓の他に、SMプレイエリアではX字架等も設置予定であるとのことで大変楽しみである。

 以前本ブログでもご紹介の、SMボディアクセサリー製作の工房はな代表「はな直美」(なおみ)と製作担当「喜作」(きさく)の二人は、6/13(土)「THE GATE!」にフェティッシュパーティでは初めてショップを開くため、写真やSMボディアクセサリーの現物を持参して参加者にお披露目していた。写真を見せながら、あらかじめ「はな直美」の服の下に着用していたSMボディアクセサリーのブラタイプを見せると驚きと歓声があがっていた。

 ポールダンスでエロティックな雰囲気が部屋の中を次第に満たし始めた頃、TKSのオーガナイザーから、「はな直美」と、本日ゲスト参加したオサダ・ゼミナールの「長田一美」(おさだ かずみ)に何やら話があったようだ。当の二人にやや戸惑いが感じられるものの、しばらくしてポールダンスの柱を背にして椅子が置かれた。
 長田一美は、肩からショルダーバッグのように提げた風呂敷包みから麻縄を取り出すと、椅子の前には自作のSMボディアクセサリーだけを着用した、「はな直美」が立っていた。
 あっと言う間に、「長田一美」」の巧みな縄捌きにより、椅子が拘束の大型グッズとして使われて上半身が縛りつけられ、椅子の上で膝立ち開脚のまま、顔は天井を向き、口には縄で幾重にも猿轡(さるぐつわ)をされている、「はな直美」がいた。
 「はな直美」の完成された縛りの姿を観ていた工房はな製作担当「喜作」は、その場へ登場すると昔とった杵柄で得意のゴリラパフォーマンスをしてみせた。SMショーを見たのが2週間前に初めてという、「はな直美」は、もう初縛り、それも大勢が注目する中での体験をしたことになる。彼女は「全然痛くなかった」と解放されてからプロの縛りのすばらしさを評していた。

 またS外人男性とM日本人女性のカップルは、プロの縛りに刺激されてか、この後自分の縄を持ち出し縛りを披露し始めた。
 自作のフェティッシュな服を見せる者、コルセット着用に挑戦をする者、SMボディアクセサリーを試着してみる者等々・・・当初は午後7時から9時までの予定が、この夜延長を重ね11時頃まで続いていた。
(文中敬称略) 

タイトル: レッド・ホット・フェティッシュ・コレクション Vol.74
出演者: RINKA
抜き度: ★★★★★
スレンダーなモデルボデイを武器にヒッチハイクするスケベな美女RINKA。レッドホットシリーズ期待通りに卑猥な仕上がりで終始興奮の渦に巻き込まれる!ヒッチハイクでつかまえたドライバー神隠し事件と何か関係があるのか!?車内でオナニー、アジトでの生ハメ中出しファック、画面いっぱいに広がるスケベなマンコとRINKAちゃんのイキ顔がたまらない!お次は覆面マスクをした男たちに囲まれ、ボンテージ衣装で乳首をもまれ、バイブをあて、「もっと気持ちよくして」と命令をするRINKA嬢。クンニ、クリ用バイブで攻められる!綺麗に剃られたぷっくりした土手まんこをぱっくり開き、バイブをぶいんぶいんブチ込まれる。ビラビラの小さい美マンコをテカテカに濡らして悶えるRINKAちゃんのマンコめがけて精子をぶっかけ!連続ぶっかけされたザーメンをバイブでマンコに押し込んでマジ昇天!ヒッチハイクお礼にフェラ抜きをするチンポが大好きな魔性の女。その僕らをみつめる目つき、チンポをぺろぺろする舌づかいがやばい!そして最後はRINKA住む館に刑事二人が事情徴収に入る!和服姿が色っぽいRINKAにされるままに、ギンギンになった極太チンポをWフェラ、クンニ、バイブ攻め、生ハメ3P、ドクドク連続中出し!ヌいてヌいてヌきまくれるレッド・ホット・フェティッシュ・コレクションVol.74をお見逃しなく!
この商品を見た人はこんな商品も見ています
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.dtiblog.com/tb.php/203-ac3b0238
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close