無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
【5/11(火)SMの酒池肉林 新宿大調教祭】
<開演前に服を脱ぎ始めた男達>
 本ブログでも、昨年12/6(日)SM史の目撃者となった日 女王様の毒艶会Vol8 in Tokyoから、
4/3(土)同時3人調教・2人浣腸 桜田伝次郎・伝説の浣腸ショウまでお伝えしてきた、ストリップ芸人松本格子戸(まつもと こうしど)プロデュースによる「新宿南口実験劇場
と呼ばれる新宿シアターPOOでのSMイベントも既に第七弾を迎えた。
 この「新宿大調教祭」が、「女王様の毒艶会」や「桜田伝次郎・伝説の浣腸ショウ」と会場のセットが異なるのは、舞台の中心部から観客席に向かってストリップ劇場ではお馴染みの花道が設けられていることだった。
 これで先端が回る盆になっていればまさにストリップ劇場そのものである。

 今回の参加者は概ね男性は中高年層が大半なのだが、女性と言えば若い女性が多い。
 間もなく開演という時を前にして詰め掛けた参加男性陣が服を脱ぎ始めた。
 湯に入って一日の疲れを癒そうとする銭湯の脱衣場・・・ではなく本番直前のトラックを前にして着ていたジャージを脱いで余念なく準備をするアスリートと言う方が、この緊張感が漂う空間には似合いそうだった。 

<シーナと愉快な仲間達>

 黒い髪にメガネ、白いブラウスに黒いスカートと赤いヒール、手には金属の指し棒・・・そう、今にも生徒を叱りつけそうな厳しい学校の教師、というスタイルでその花道に登場したのは、新宿区歌舞伎町二丁目の
SMスナックじゅんこのママのシーナ女王様(画像はSMスナックじゅんこのサイトより)
である。
 まるで教室で出席をとるように「カ○、ノ○○、マ○○・・・」等指し棒で指しながら会場の参加者を指名していく。
 すると、Tバック、女性用ショーツの勝負パンツスタイルの参加男性が次々と舞台に上がった。
 むろん、男性ばかりではなく、女性も3名、計15名である。
 会場の新宿シアターPOOの舞台と観客席イメージをご存知の方ならおわかりだと思うが、こうなるとどっちが舞台なのか、観客席なのかわからなくなる。
 それにしても、舞台に足の踏み場もないこれだけの人数を前にして、いったいシーナ女王様はどうさばこうというのか。
 
 ところがさすがである。
 まずは希望する調教別に、緊縛、鞭打ち、ロウソク、椅子と言わば隊分けをする。
 しかも、「今日は身体に跡が残せない者は手をあげて」とあくまでお客をフォローする心配りがプロである。
 同時に短時間でさばく工夫として、舞台上での助手を任命し、さらに臨時女王様役を仕立てるのである。
 こうして、助手から縄を受け取ったシーナ女王様は自ら緊縛を始める一方、任命された臨時女王様役ARCADIA東京ひなJessica(ジェシカ)(画像はいずれもARCADIA東京のサイトより)が、号令一下居並んだ鞭打ち隊のお尻に向かって鞭を振るい、人間家具となった椅子に腰を下ろす。
 「アチ、チ、チ・・・」
 「大丈夫よ、低温ロウソクだと思えば」

 どうやら、束ねられた白いロウソクは即効性を考えてか低温ロウソクでないらしい。
 吊り上げたM男にそのロウソクを持たせ、並んだ丸太のように仰向けに寝ているロウソク隊のM男陣の上へ、振り子のようにして浴びせかけM男流の喘ぎ声を上げさせる。
 もう臨時女王様役にさんざん叩かれた鞭打ち隊のお尻はすっかり赤くなっているのだが、まだシーナ女王様一本鞭の出番が待っていた。
 花道を目一杯使い、居並んだ四つのお尻を目指して風を切るように一本鞭が飛ぶ。
 しかも、観客はその鞭さばきだけではなく、その背景には新たに登場した白いフリルのスカートの結城苺(ゆうき いちご)(画像はブログ結城苺日記より)のピチピチとした自吊りまで楽しむことができた。 
 こうして「シーナと愉快な仲間達」と言うか、「シーナの調教動物園」と言うかは別にして、汗とロウソクと鞭跡、緊縛跡にまみれた、まさに、「新宿大調教祭」の幕開けに相応しいというか、この後の展開に背筋が寒くなるのをおぼえたイベントのスタートを切ったのだった。
 尚、SMスナックじゅんこは、今年で2周年を迎え 6/5(日)この新宿シアターPOOで記念イベントスナックじゅんこ2周年!祭!を行う。ゲストは西の極悪の上条早樹女王様だそうだ。お楽しみに。

 追伸:ARCADIA東京は、8月で1周年を迎え、現在周年行事を企画中とのことである。

 <観客に委ねられた操り人形>

 大阪・東京のミストレスバーMADDERのママでニューハーフミストレス佐倉まび女王様(画像はミストレスバーMADDERのサイトより)は、二人の黒いドレスとボンデージスタイルの女性(?)を舞台へと引っ張り出した。
 色付きの縄で二人を立ったまま重ねるように縛り上げたのだが、何故か二人からは幾本もの縄が長く延びていた。
 そしてその縄を観客に渡すのである。
 その縄を観客が引っ張ると、縛られた二人が喘ぎ声を出す。
 何故ならば、緊縛された縄は、二人の股間を挟み込むように通って、そのまま観客の手に委ねられているからである。
 まるで縛られた二人は操り人形か、リモコン操作のロボットのように、縄の引き加減で反応せざるを得ない。
 次に佐倉まび女王様が取り出したのは、手錠である。
 それも鎖でいくつも繋がった手錠なので、舞台に上がった調教希望のM男軍団がこれで全て一つに繋がれてしまった。
 ここで新宿SM喫茶アフロディーテの凛(リン)女王様(画像はSM喫茶アフロディーテのサイトより)がお手伝いに上がり、繋がれたM男達のお尻へのスパンキング音が高らかに鳴り始めた。
 佐倉まび女王様は鞭の使い方も鮮やかである。
 そして被体験者ならご理解いただけると思うが、よくもこれだけの長さの鞭にと思うくらい、長い1本鞭打ちに耐えるM男、ニューハーフ達なのである。

 <シャワーのような放水>
 今日の参加者の中には、わざわざこの女王様の出演を見るだけために九州から上京した方がいた。
 大きな花束が贈られ、まさに女王の貫禄を見せたのは、黒のボンデージビキニを艶やかな赤のロングコートの夜羽(よはね)エマ女王様(画像は夜羽エマ女王様のサイトより)である。
 舞台に上がった7人のM男を仰向けにして、その並んだ上を先に登場した結城苺に四つん這いで這わせたり、因幡の白ウサギのように歩かせるが、これは中々見栄えのある光景である。
 夜羽エマ女王様のショーの一つの特徴が>”女王様の養成講座”である。
 今回は結城苺と、同じく先に登場したARCADIA東京Jessica(ジェシカがその講座を受けた。
 夜羽エマ女王様のご命令を受けて、仰向けに寝たままの7人のM男達が、ストリップ劇場のポラロイドスタイルでは「カエル」また「産婦人科」と呼ばれている(赤ちゃんのオムツ交換スタイルに近い)スタイルとなり股間を開いた。
 そこへ夜羽エマ女王様のお手本に習って、二人の新米女王様の練習となる。
 新米女王様は鞭打ちの加減がわからないせいか、M男達が上げるのが、喘ぎとなったり、悲鳴となったりする。
 さらに、M男の二人の上にさらにM男を乗せ、まるで小学校の組体操のままの鞭打ち、仰向けに寝たM男の上にさらにM男を寝かせての鞭打ち、また鉛筆を指の間に挟んで通し、それを上から叩き割る(鉛筆を指で挟ませるというのは昔行われた拷問の一種なのだが、この鉛筆をそのM男本人が買ってきたというのだから嫌も応もないだろう)等、そのスタイルは実にバラエティに富んでいる。
 舞台の補助から後片付けまでこなす名物M男は、無毛の頭に爪楊枝刺し、ロウソク立てが行われ、おっかなびっくりのようすながら二人の新米女王様もそれに習った。

 そしていよいよ、お待ちかねのシーンとなる。
 7人のM男が、立っている結城苺の足元を中心に頭を集めるよう円形に仰向けに寝た。
 準備ができると結城苺の股間からは、Mが言うところの”聖水”が放たれた。
 それにしても結城苺の聖水タイミングは見事である。
 女性の肉体構造上難しい、小刻みの排尿を、まるでジョウロで花に水をやるがごとく行っていくのである。
 だが、やはり聖水と言えばこの人だろう。
 夜羽エマ女王様の股間から放たれそれは、まるでシャワーで送り出されたような勢いなのである。
 しかも、一度だけでなく、角度を変えて数回、その放水の勢いは止まらない。

<貴重な緊縛SMショー>

 今日は雨で外は肌寒いのだが、新宿シアターPOOの場内は異様な興奮と熱気に包まれ、多くの参加者が上気してしまったこのイベントを〆るには、何かが必要だった。
 そういう意味では、この展開を予想し次の構成を考えたストリップ芸人松本格子戸のプロデューサー力は大したものである。
 それが女流緊縛師狩野千秋(かのう ちあき)M女N・Oによる正統派の緊縛SMショーだった。
 (狩野千秋とM女N・OによるSMDVD例:SMレズビアン 浣腸と緊縛
 三味線の心地よい響きの中、地味な作務衣が、吊られた青地の着物の裾を巻くりあげ、フンドシの食い込んだ下半身を露出させた。
 やはり和風スタイルが日本の緊縛SMの原点ではないかと思う。
 宙でうつ伏せのまま両手足を留める駿河問いにも似た形にしたと思ったら、鞭打ちにより一気に逆転させた。
 片足を1本吊りのまま逆さになったM女N・Oの束ねられたの髪の先が床を掃く。
 胴1本吊りのブリッジスタイルで乳首が天井を突き刺すように向いていた。
 それまでの場内の騒がしさが一転し、緊張の息遣いの中、スポットライトを浴びた縄の擦れ合う音、鞭音、そして喘ぎだけが静かにSMを物語っていた。

 実は、狩野千秋は、来る5/23(日)のイベントを最後にイベント出演休業となる。
(イベントの詳細は、「悦縛艶女」公式サイトをご覧下さい】
 そういう意味では、今回は別の意味で新宿シアターPOOで行われた貴重な緊縛SMショーとなった。

 <「新宿大調教祭」流酒池肉林>

 酒池肉林(しゅちにくりん)とは酒や肉が豊富で豪奢な酒宴という意味で、古代中国の殷の紂王が愛姫である妲己の歓心を買うため、その言うがままに日夜「酒をもって池と為し、肉を縣けて林と為し・・・」という酒色に耽り、民を虐げた(とされる)故事に由来する四字熟語である。
 ただ、「新宿大調教祭」の場合はこれがまた一味異なる、言ってみれば”SMの酒池肉林”とでも言うべきか。
 つまり、新宿大調教祭の酒池肉林のその”肉”は何かと言えば、
 女王様、ニューハーフ女王様、M男、M女、女装M女の汗と、ロウソクの滴と、縄跡、鞭跡にまみれた肌であり、
 ”酒”は、
  女王様の聖水=ネクター(飲尿を好む者からはこう呼ばれる。古代ギリシア神話におけるネクタル(ネクタール)という神々が常食とする生命の酒が語源のようだ)
であった。
  
 大好評の本イベントは、次回は6/3(木)同じ会場にて開催予定である。
 尚、「新宿南口実験劇場」は、以下の通り、今週土曜・日曜に、第八弾・第九弾と続く。
 共に、
 会 場:新宿シアターPOO
    〒160-0022 新宿区新宿3-35-5 守ビル3F
    TEL/ 03-3341-8992
 問合せ: 090-3658-2945(松本格子戸)
    mail pinpei-1201@ezweb.ne.jp
である。 
 たまには一日酒池肉林に溺れてしまうのも・・・。

 5/15(土)明日は桜田伝次郎・伝説の浣腸ショウ 新宿シアターPOO
  「新宿南口実験劇場第八弾
   日本の元祖SMショウ「桜田伝次郎・伝説の浣腸ショウ」
   出演:桜田伝次郎(日本のSM界の伝説の仕掛け人・SMショの元祖)
    &M女多数 総合司会松本格子戸」
  時  間:19:00〜
  入場料:1万円(飲み物付き)

 【5/16(日)女王様の毒艶会in Tokyo 新宿シアターPOO
  「新宿南口実験劇場第九弾
   女王様の毒艶会in Tokyo
   出演:上条早樹&愛子(西の極悪関東見参)
       薫&蘭(Fetish bar Dolceママ&Silentmoonママ)
       蕾火&雪那(耽美系女流緊縛師)
       小室芹奈&あすみ(刺青鬼畜女流緊縛師)
       結城苺(アイドル自縛自吊りショー)
       総合司会松本格子戸」
  時  間:13:30〜
  入場料:男8,000 女5,000 女装子5,000
        共に1ドリンク付きフライヤーご持参の方は500オフ
 (文中敬称略)
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
ンギモチィィィィッ!!!

はぎゅぅぅぅぅぅぅっ!!!!
お姉たまに先っぽツンツンされて、どっぴゅんミルク発射!!!!

お金稼げるしタダでできるし、調子乗ってヤりまくってたら
いつの間にかドMに調 教されとったわ!!笑
http://lip.daizon.net/clrszur/
2010/05/15(土) 01:20:42 | URL | ぶひぶひ君 #-[ 編集]
俺の給料の半分が1日でwww

ヤリ始めて即日で7万ゲットォォォォ!!!!
http://lip.daizon.net/zng6e8r/

ていうか俺、女にお任せしてテ ィ ン ポ出して寝てただけだぜ?www
ぶっちゃけ簡単すぎんだろこれ!wwwww
2010/05/15(土) 01:20:34 | URL | しげちん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.dtiblog.com/tb.php/257-ec8a88c6
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close