無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
7/31(土)オンナ同士がネットリと・・・「新宿ビアンないと」
<ウィトルウィウス的>
 当初はイベントの名称からして、レズビアン若しくは女性のみ対象かと思ったのが7/31に行われた「新宿ビアンないと」である。
 ところが会場の新宿シアターPOOの桟敷席椅子席共、老若男女を問わず満杯だった。
 
 我々の世代で言えばフラフープ、新世代で言えば新体操の競技に使われそうな大きな輪が、かぶりつきの席の直ぐ上に設けられていた。
 いきなりの軽快な音楽に合わせて観客から大きな手拍子に迎えられたのが、浅葱アゲハ(浅葱アゲハのサイトより)である。
 ふと、彼女の姿が舞台から消えた。
 彼女にしては珍しく長い間を取ったと思ったら、再び現れた時は斑模様の*ゼンタイ(例:レオパードShow
レオパードShow
)に包まれていた。
 それまでのスタイルから、頭からつま先まですっぽりと被われたゼンタイで登場したことを考えればわずかな時間でよく着込んだと言えるだろう。 

 ゼンタイに被われているため、まるで表情は見えないのだが、かえって身体が一体化し全身が躍動するようすが、はっきりとわかるのである。
 大きな輪の中におさめられたその身体は、まるでレオナルド・ダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図(フリー百科事典ウィキペディアより)を彷彿とさせた。
 時には、輪の中に身体をすっぽりとおさめ、その球体の中で泳ぎまわる人魚のごとくである。
 一つの輪の中で、彼女の全身を自在に使った動きは、オリンピックやハイテクニックの空中サーカスを思わせる。

 *ゼンタイ=全身タイツ
 参考本:Kimura Kaela Collection(マザー牧場での撮り下ろし写真をはじめ、全身タイツ、プライベートファッション&カエラ私物を収録。『WHAT’s IN?』連載の「カエラモ?ン」、撮り下ろしロングインタビューなども掲載)

 だが、それだけでは終わらない。
 繭の殻を突き破ったようにゼンタイを脱ぎ捨てれば、ウェスト40cmの小柄ながら実に均整のとれた女体があらわになった。
 しかも、そのままかぶりつきの席に居たオサダゼミナール長田一美を正常位で襲うスタイルはエロを忘れていない。
 そして、本家本元の、天井から下がった青緑の長い布にスルスルと登り、全身にからめた空中開脚のキメのポーズを見せたのだった。
 
 本イベントの司会・プロデュースのストリップ芸人松本格子戸の声掛けにより、本日はポラタイムが設けられていた。
 昔風のポラロイドではなく、最近では多くのイベントで見かけるようになったチェキである。
 たちまち十数人が列をなし、浅葱アゲハの独占撮影、ツーショット撮影が行われた。
 中には、浅葱アゲハが使った布で、観客本人が天井からぶら下がった写真まで撮られた。
 
(浅葱アゲハ近日出演予定)

 ・8/20(金)「LOFT/PLUS ONE 15th ANNIVERSARY×毒蟲presents祭(仮)〜前編〜」新宿 ロフトプラスワン
 ・8/21(土)〜8/31(火) 新宿 TSミュージック

<奥さん達の愛する野菜>

 司会・プロデュースのストリップ芸人松本格子戸は、本日のいずれの出演者にも「ネットリと」という注文したと言う。
 ピンクと白のエプロンスタイルの二人連れは、互いに買い物袋をぶら下げていた。
 どうみても仲良し主婦同士の買い物帰りとしか見えない。
 ただ、買い物袋から取り出した、キュウリやナス、ニンジンのいじり方が異様なのである。
 キュウリを何かに見立てたように乳房の谷間にはさみこみ、ニンジンで服の上から乳首を突き刺す。

 どうやらこのまま年上の方が、年下の主婦を自宅に誘おうとしているらしい。
 女性同士の濃厚なフレンチキスに始まり、1本のキュウリの端を互い咥えあう光景は何とも卑猥である。
 やがて互いに脱がせ合い、いずれ劣らぬブルンブルンと揺れるド迫力のビッグバスト、ビッグヒップがあらわになった。
 キュウリとニンジンが男性の分身のごとく、互いを慰めようとする。
 69や片足付きの股間に下から仰ぐようにして顔を押しつけたり、脚を伸ばして交差させ組み合うレズビアン特有の股間合せと擦りあいの動作は時間の経過と共に激しさと喘ぎ声を増していった。
 「♪奥さんのためならー」と流れるバックミュージックが何だか妙にマッチしていた。
 興奮と性の高まりも、頂点を極めた後に、ハッと気づき慌てて身支度する二人。
 
 AVの出演のみで、このような舞台イベントは初めてという水無月み遊(DMMのサイトより)と大貫のぞみ(DMMのサイトより)の二人だったが、何とも妙な気分にさせられたのはたぶん私だけではなかったと思う。
 
 今日の舞台で使われた>”浅漬け”の生野菜は観客にプレゼントされた。
 当然のようにここでのポラタイムは、むきだしのビッグバストが中心となり、その間に挟まれての写真を撮られてご満悦の観客達がいた。
 
 ”大貫のぞみ”に会いたい場合は、
 渋谷のSMフェティッシュクラブCUBE
 
<回転する双子の天使>

 再び円い輪=リングの登場である。
 Yシャツにロングタイツというエロスを誘うスタイルの、茶髪でほぼ同じくらいの身長の若い二人の女性。
 まるで、二人して相対すれば、間のリングが鏡に見えてくるくらい動き・仕草が同じなのである。
 背中で組んで動くと、どちらがどちらだか判別できない。
 MEG(MEG DO-35 どさんこDancerのブログより転載)は、Yシャツを脱ぐと上半身を黒い網目のタイツ姿で下は黒のホットパンツである。
 愛子は、Yシャツを脱ぐと薄いボンデージ風である。
 愛子の場合は背中一面に彫られた刺青があるのが特徴だ。

 空中のリングの中での開脚姿のまま下へ向かって訴えかけるような仕草する愛子。
 それをまるで神の啓示のように下から受け止めるようなMEG。
 リングの中で二つの女体がからみ、激しく回転していく。
 まるで一つの球体の中に新たな世界が存在しているようだ。
 また、リングの上と、下の部分に脚だけをかけ、二人して二段重ねで吊り下がるのも大きく立体感のある形だった。
 半裸でバタフライの愛子と、ホットパンツのMEGが互いに伸ばした足を交差させ、さらにさらに回転を重ねていく。
 とにかく、この二人のリングでの回転は速い。
 よく目を回さないのかと思うくらいである。
 地上に降りても、同時に二人しての見事な片手倒立が華を咲かせた。

 聞けば今日のテーマは”双子”で、この愛子&MEGが二人して舞台に立ったのは初めてだというが、どうして中々息がぴったりだった。
 二人には、観客から花束のプレゼントが行われた。

<冒涜シスターのお仕置き>

 そろそろSMが見たいという願望がわいていた。
 教会のオルガン音楽が厳かに鳴る中で、若いシスターが取り出したのが、ピンクローター。
 どうやら彼女にとっては、神への祈りより、それを身体に押し当てることの方が大切らしい。
 
 そこへ先輩シスターらしき女性が現れ、若いシスターの神への冒涜を見逃さなかった。
 お仕置きは先輩シスターの膝上で四つん這いにして、シスター服捲り上げのヒップスパンキングである。(この光景は大好きであるが中々ショーで見させてくれない。今日はいいものを見させてもらった)

 だがどうやらこの二人のシスターはいずれも堕天使らしい。
 若いシスターは、シスター服の下はヒモパン(例:C0037SX パンジーレースリボンTバック)のみである。
 先輩シスターは、真っ赤なエナメルのノースリーブトップとミニスカートである。
 どうやらこれでM女”ゆうじろうう”女王”香取冴子” SMクィーンロード VOL.2 香取冴子(DMMより)の形ができあがった。
 さらに先輩シスターはウェストに縄のたくさん下がった黒いベルトを装着した。
 立ったまま上半身の吊り後、太腿に縄を巻きつけそのまま片足開脚かと思ったら、もう一方の太腿にも縄を巻きつけ、一気に両足同時開脚となる吊りを行った。(この吊り方のパフォーマンスも、一度見たいと思っていた)
 
 女王香取冴子の使った赤いろうそくは、あまり太くはなかったが、かなりの長さがあり、これがニ本使われた。
 M女ゆうじろううは、直立状態のまま、ヒモパンの中へピンクローターを入れられた。
 ただ、意識的にしたのかわからないが、ローター部分がヒモパンの下からはみ出したままになり、これが妙にエロく感じた。
 ウェストだけの緊縛による逆さ吊りで、M女ゆうじろううの股間はまったく無防備になった。
 そこへ長い棒状の点滅するバイブ(例:スケルトンバイブ)が挿入された。
 回転しながら行う鞭打ち、そして縄を解く時にはオナニーをさせた。

 女王香取冴子はここでスカート脱いで赤いTバック姿になると、黒く太いぺ二バン(例:スタンドバイミー)を装着した。
 この強烈なぺ二バン攻撃には、M女ゆうじろううも喘ぎ、それは体位”こたつ隠れ”まで続いていた。
 どうやら、二人のレズビアン関係もここで終結かと思いきや、それまで床に敷かれていたSMショー用の敷物の上にさらに長方形の白い布が置かれた。
 (あ、まさか、ここまで)
 仰向けに寝たM女ゆうじろううの身体の上には、香取冴子女王様のゴールデンシャワーがふり掛けられたのだった。
 この時アヴェマリアの曲バックミュージックが静かに流れていた。
 ショー終了後、ここでもポラならぬチェキ撮影がされた。

(香取冴子近日出演予定)

 ・8/11(水)〜8/15(日)大阪名門九条OS劇場
  香取冴子に会いたい場合は、東京なら六本木SMスナック45stepsへ 

 アクトショウ、アクロバティックアイドルビアン、AVプチ熟女ビアン、ビアンSMショウ
と繰り広げられてきた本日のイベントだったが、 
 >”女×女、おんな×おんな、オンナ×オンナ、雌×雌、メス×メス・・・。
  オンナ同士がネットリと絡み合う姿態を思う存分お楽しみください・・・”
という看板に偽りなく、ふだん見慣れているSMとは異なるうずきを感じた。
 尚、ちなみに、本日イベント受付けの応援をしたのは、来る8/15(日)の公演を控えているメンズストリップで有名なN−Stageの向月(コウゲツ)だった。
(文中敬称略)
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
プロより上手いんじゃね?

おしゃぶり好きのお姉ちゃんにチ●ポ買ってもらったぁぁぁ!!!!

早速プ ェ ラしてもらったんだが、口の中で舌がヌルヌル絡みつくのやべぇな!!
吸い出すみたいにザーメソ飲まれて、軽く昇天しかけたぜ!笑

てかこれだけで6マソも貰ったんだが、ホントにいいのかよ?(^^;)
http://mugi.zozozoi.net/7jdazze/
2010/08/08(日) 12:37:06 | URL | ばぶるまん #-[ 編集]
名器ってホントにあるのな!笑

お●ぬこの中のヒダヒダだけでもやばかったのに
根元からキュウって絞られたら、ガマンとか絶対無理っすよ!(><)

ぶっちゃけ5発くらい中出ししちゃったしな!!
あんな名器味わったら、もう普通のお●ぬこじゃ満足できないって!!笑
http://mugi.zozozoi.net/8emlc0x/
2010/08/07(土) 15:50:01 | URL | じぇいむす #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.dtiblog.com/tb.php/281-c0c93418
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close