無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
NO.32「パートナーとの関係をどのように築いていけばいいのかシリーズ7「ボディピアス」】
<今や装身具として公認か>

 もう十年以上前になりますが、鶯谷に古くからあるM専門の某SMクラブに通っていた時のことです。
 そのM嬢のK子さんが私のお気に入りでしたが、ある日久々に会った彼女が服を脱ぐと、乳房の先に見なれない物がついていました。
 彼女の乳房は元々豊かとは言えませんでしたが、少し上に尖っているようないい形で、その乳頭を突き通すようにしてシルバーの金属棒が付いていたのでした。
(後にこれが「バーベルスタッド」と呼ばれるピアスであることを知りました)

 これが女性の耳とおへそ以外でピアスをされていたのを見た最初でした。
 彼女によれば数日は痛かったそうですが、今はもう慣れて、むしろもっと付けて欲しいくらいだということでこっちの方が怖くなったくらいでした。
 バーベルスタッドごと乳頭を舐めると、肌の持つ暖かさと、金属の冷たさが同時に私の舌に伝わってきたのを今でも覚えています。   
 
<ご主人様の命令によってM女性が付けるとなると>

 以前に銀座のSMバーでお話した既婚のカップル(既婚と言ってもパートナーがそれぞれ別に結婚しているカップル)は、今凝っていることとして人体改造の話をしてくれました。
 そしてその一つとして、店内はやや暗かったのですが、女性にスカートを引き上げさせ、性器に装着されたピアスを見せてくれたのでした。
(このお話をヒントに書いたのが短編小説「相互既婚主従」(ソウゴキコンシュジュウ)です)

 ボディピアスを付ける目的は人によって様々に異なると思いますが、これがご主人様の命令によってM女性が付けるとなると、パートナーとの関係を深めることにつながってくるのではないでしょうか。
 中にはお馴染みの「O嬢の物語」のOが仕えるステファン卿のために、アンヌ・マリーの館で付けさせられる鉄環を思い起こされる方もいらっしゃることでしょう。
 
 しかもNO.28「パートナーとの関係をどのように築いていけばいいのかシリーズ6「貞操帯」と比べると、自らの肌を傷つけることを認める訳ですから、二人のSM関係は並々ならぬ熱意を感じさせることになると思います。
    
<乳頭、性器>

 さて、ではどこにボディピアスを付けるかということになりますが、やはりM奴隷となりますと、
 ・乳頭
 ・性器(恥丘、クリトリス、小陰唇、大陰唇、会陰部)

が望ましいのではないでしょうか。
 性器に付けた場合、これで挿入しても男女とも痛くないのかと思いましたが、体験者にお聞きすると性的興奮を高めるのに大変役立っているようです。

 無論必ずしも乳頭、性器でなくてはいけないというものではありませんので、ご主人様の願望、パートナーの方の希望をよく合わせて>頂きたいと思います。

 もしいきなりピアスが怖いということでしたらとでしたら、ニップルリング(挟んでとめるアクセサリー)32-1
クリクリップ(ラビアを挟み込んで装着するアクセサリー)cliclip.jpg

→左欄の「SM ボディークリップ」をクリック)から始められたらいかがでしょうか。
 ピアスを使ったプレイ経験者によれば、ピアスにさらに重りや鎖等を付けて、S側もM側も楽しんでいるとのことでした。  
  
<実際にピアスをされる時は>

 ボディピアス愛好家協会のアドバイスを確認したり、経験豊富なピアッシングスタジオ 例NOON等とよくご相談をして下さい。

◆◆貴方のボディピアス体験談をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのボディピアスをご紹介下さい
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.dtiblog.com/tb.php/35-de24961d
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close