無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
NO.278「ソーセージ・アナル調教」
<一気にピンク色の棒が>

 「わわわ、これ、なに、ああああー」
 入口は狭いが広がると、後は一気にピンク色の棒が吸い込まれるように中へ入っていった・・・
 小説の書き出しではないが、調教中のM女かおり(仮名)の丸出しのお尻の中央に見えた光景である。

 ソーセージ・アナル調教の動画例「羞恥診察過激肛門科 3」(ただの浣腸では飽き足らず、異物を挿入するという趣向で熟女達を辱める。魚肉ソーセージ、ウィンナーなどあり得ない物を肛門に突っ込み悶絶させる)
 
  この調教を思いついたキッカケは、おでん屋で具として出された串刺しされたソーセージにある。
 あまり串が奥まで刺さっていなかったので、食べようとすると先端がグニャリと曲がってしまい、それが男性器を連想させたのである。
(ふーむ、これは使えるかも・・・)

 当時は、羞恥プレイのための新しい調教方法を考えるのが楽しくてたまらず、特にさまざまなSMグッズに興味津々ーと云うより探し回っていた。
 とにかくプレイの幅を広くするため、種類をより多くと思っていたのだが、SMグッズは高価でそう簡単に品ぞろえはできなかった。

 そういう意味では、身近な物をプレイグッズとして転用するというキッカケを作ったのもこのソーセージであったかもしれない。
 以降プレイグッズがしまってある大きなバッグの中には、ソーセージを始めとして、スーパーやホームセンター、また当時広がりだした百円ショップの品が増えていったからである。

************************************************
<生 ソーセージ・アナル調教>
(束縛されてのプレーで大興奮!アナルへソーセージ挿入までされてしまい・・・)
************************************************

<本物のペニスと勘違い>

 アナルへの異物挿入ー今ならジャンル的にはそう云われるだろうが、当時は”羞恥心をあおるにはどうしたら?”ということしか考えていなかった。
 つまりふだん口に入れる物が性器や肛門へ入るという羞恥心をあおる効果を期待したのである。

 ただ、異物でもバナナは挿入時に形が崩れやすく、チョコレートや飴は使用前に溶けてしまったり、卵やコンニャクは加工が必要だったり、持ち運ぶのに不便だったりした。

 その点ソーセージは大変便利な調教グッズである。
 柔らかく、弾力性があり、ウィンナー、魚肉、フランクフルト等、太さも長さもサイズが色々ある。
 しかも手に入れることが簡単で、長持ちし、安いので使い捨てできるのである。

 当初、M女かおりに目隠ししたままソーセージに触れさせたところ、本物のペニスと勘違いした。
 柔らかく、弾力性があるソーセージでも、調教の初期段階ではアナルマッサージやローションを塗ることが必要だが、肛門が開いてソーセージの中程位まで入ると、長さ16cmのソーセージは括約筋の働きで逆に中へ吸い込まれるように埋没していくのである。
 
 M女かおり曰く
「あのスルーって中に1本入ってしまった時はどうなるのか本当に怖かったけれど、慣れてしまうとあの感じが忘れらなくなるの・・・」


 ソーセージ・アナル調教の動画例
「中出しアナル攻撃 2 松本恵美」
(突然襲われた若妻…美乳には目もくれず、ひたすらアナルを玩具にされ、様々な食材浣腸プレイの実験台に!!ジュースの他、生肉、ソーセージ、ミートボール、納豆、イチゴ、うずらの卵に生卵、タピオカの逆噴射量は凄い!!活どじょうの恐怖にパニック寸前?!最後は2穴ファック!食後のデザートは2つの穴から滴り落ちるザーメン!)
 
 ソーセージの中でも使いやすいのは日本製の魚肉ソーセージである。
 ウィンナーは短すぎるし、フランクフルトは太すぎるので特定の調教にしか使えない。
 また、最近では発売されていないようだが、地方で30cm以上の長さのある魚肉ソーセージを見つけた時は感激だった。 
 調教が進み、アナルに魚肉ソーセージを、ヴァギナへペニスを二穴同時挿入した時、M女かおりは歓喜の声をあげていた。

 注. 肛門内に一度入ったソーセージが出てきて空気に触れた場合、衛生上再使用しないようにして下さい。

◆◆SMプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのSM系の映画・本をご紹介して下さい

参考:エロ顔でソーセージとかバナナを舐めてるエロ画像ください
   ユキノ アナル拡張異物挿入浣腸
   アナルプラグに重りをつけて・・・
   【アナル開発の方法について】
   個人調教ファイル1「浣腸が大好きなM女さん」
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.dtiblog.com/tb.php/539-b95ff392
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close