無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
【NO.284「”フェチフェス”に思う」】 
<新しい刺激>

 自分の願望の実現を求めてSMの世界へ入り込み、時にはがっかりし、時には快感を味わい・・・という流れの中で、ある日思いもかけない新しい刺激を受けてしまった。
 場面は、*Torture Garden Japanである。

*Torture Garden Japan
 「パフォーマンスアート」「フェティッシュ」「モダン・プリミティブ」…これら3つのキーワードをコンセプトに、1990年イギリス/ロンドンでスタートし、2001年よりTORTURE GARDEN JAPANとして日本でも本格的に開催

 本来は、SMマニアとの交流というつもりで参加したのだったのだが、単なる拘束グッズとしてのボンデージではなく、その装いが、全身こだわりの自己主張というスタイル(例: TORTURE GARDEN JAPAN のサイトより転載)に深く感動してしまった。
 云ってみればこれが、その後さらにフェティッシュな世界にも入り込もうとするキッカケとなった。

 SMも、一見似たようなプレイを求めているようにみえても、願望の実現の段階では個々に異なる。
 例えば、某M女が求めたのはオモラシプレイだったが、
”オシッコをする時に、私のオ○○コを押えていて欲しい”
というのが一番の願望だった。
 また、別の某M女が求めたのは、
”当初は以前のパートナー氏にされた二穴責めの再現だったが、浣腸されたままで今の御主人とノーマルなSEXができれば”
というのが最終的な注文だった。
 さらにまた別の某M女が求めたのは、緊縛なのだが、
”緊縛されることより、そのされた姿を他人に見られたい”
というのが本当に求めていることだった。
・・・等々経験上だけでもきりがない。
(参考:逆SMクラブ開店日記SMドキュメンタリー小説「逆SMクラブ開店日記」
   
 それが、
”こだわり=フェティッシュな世界”
となると、もはや大きな区分と、それに属さない他のものという以外の分類はできないし、またその志向が他のものと複合したり、変化したりするので、分類することじたいあまり意味がないかもしれない。

 ただ、私にとってありがたかったのは、この複雑怪奇な世界をわずかながらでも知ることにより、小説制作のヒントをたくさん頂けたことである。
 例えば、
 「私の恋人はラバー」、「体についたクリームはお好き」、「ラブホテルフェチ」恋人はラバーフェチ小説短編集「恋人はラバー」に収録)
「変態フェチガール」シーメールピクニック変態フェチ短編小説集「シーメールピクニック」に収録)
「我が愛しの美和」ロリ・アナル・近親相姦短編小説集「多重の肉輪」ロリ・アナル・近親相姦短編小説集「多重の肉輪」に収録)
「我がパフューム」マインド病棟SM・獣姦・フェチ短編小説集「マインド病棟」に収録)
等々があげられるが、いずれも実体験をお聞きし、それに自分なりの想像を加味して制作した作品である。

************************************************
<生 フェチ>

************************************************

<フェチフェス2>

 来る6月30日(日)に池袋で開催されるのが
フェチフェス2
である。

 これは、
世界に誇るジャパニーズ“フェチ”という共通テーマの元に、AV・エロコスプレイヤー・アーチスト・女優とジャンルの境界線を超えた即売会&パフォーマンスイベント
である。

 同人、メーカー、アーチストがそれぞれに様々なブースが設け、また牢獄フロアではライブパフォーマンスが行われる予定である。

フェチフェス2
 ■ 開催日:2013年6月30日(日)
 ■ 開催時間:13時開場 19時30分閉館
 ■ 会場:木下スタジオ池袋(全館A〜D)
 ■ 一般入場料: 2,000円

 当日の個人的な興味として、同人では、
 ”ヤマウラ3Dイズム+DHK”で、
オリジナルSMフィギュア の現物が楽しみである。

 アーチストでは、
渡邊 みりで、
バキュームベットを持ち込むようなので、色々な体型の女性がバキュームされるのを見てみたい。

 メーカーでは、
 TOKYO ZENTAI CLUB(画像はTOKYO ZENTAI CLUBのサイトから転載)で、オリジナルなゼンシンタイツを見てみたいし、その肌触りを確かめたい。

 ライブパフォーマンスでは、
 栗鳥巣の変態見世物と、
 ファイヤーヨーコストリッパーとしての伝説の技を見てみたい。
 
 ひょっとして、未だご自分の内に潜む新しい願望を、また発見できる機会かもしれないと思うのである。 

(画像は、但し書き以外は、フェチフェス2のサイトより転載。文中敬称略)

◆◆フェティッシュなプレイの体験をお寄せ下さい
◇◇オススメのフェティッシュ系の映画・本をご紹介して下さい

参考:【肌色あります】「フェチフェス」に行ってきました♪
   フェチフェス
   フェチフェス打ち合わせ
   1/27・フェチフェス サークル出展のお知らせです。
   フェチフェスについて
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.dtiblog.com/tb.php/555-fb62dbbd
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close