無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
NO.81「CMNFとCFNM」
<SMとCMNF>
 着衣の男性と裸の女性。
 SMプレイの中ではごく普通に見受けられる光景である。

 これを広い意味のあることばとしては、
 CMNF=Clothed Male(s) and Naked Female(s)(着衣の男性と裸の女性)と呼んでいる。
 目的は服装に格差をつけることで、不自然さ・アンバランスさによるエロティシズムや支配従属関係を明示または暗示する。
 性的なコンテンツにおけるシチュエーションのひとつであり、またひろく一般の文化や表現物、そして日常生活においても見られる。

 性的な文化の中でも、特にSMは典型的な支配従属関係を表した文化であるため、CMNF的なシチュエーションが広く見られる。
 服装においてその関係性を表すため、S側の男性は服を着てM女性は全裸ということが非常に多い。
 また典型的なSMでなくても、女性に羞恥心や屈辱感を感じさせるため、CMNFF的なシチュエーションを利用することも多い。
 いわゆる露出プレイや、女囚ものなどにおける強制的な脱衣がその例である。
 性風俗のカルチャーではストリップ劇場や女体盛りなどがよくCMNF的な題材で取り上げられる。
 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<SMとCFNM>
 対比する言葉として、CFNM=Clothed Female(s) and Naked Male(s)がある。
 人数に関わらず着衣した女性と脱衣した男性との関係性における性的倒錯(paraphilia)を意味する用語。
 このような設定で表現される性的な雑誌、AV 、性小説をあらわすジャンルとして用いられることが一般的。
 またCFNMは女性による男性の性的客体化(sexual objectification)の1種である。
 CFNMは支配的な女性と隷属的な男性によって行われる。
 男性が「拷問」されるという場面設定(鞭打ち、男性器虐め、ディルド (人工男性器)を用いたアナルセックス)、女性を性的に満たすことをせがまれたり、強いられたりする反面、本人の射精は禁止されるという場面設定などがある。
 男性を見下すことを好む女性(ドーム(domme))が自分の服従者や奴隷に家事をやらせたり、自分やその友人が服を着ている状態で男性を裸のままに放置したりすることも一般的である。
 裸の男性が首輪、貞操帯を着用させられたり、全身の体毛を剃られたり、あるいは裸体に侮辱的な言葉を書かれたりすることもある。
 裸のままで隷属する男性たちの周りでドームたちが身にまとう衣服の種類は多様である。
 SM雑誌やビデオでは、フェチな服装の中でも刺激的な女王様 (dominatrix)の格好をしているが、実世界では、男性が素っ裸でいるのに対して素朴で平凡な服を女性が着ていることが多い。
 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 さて貴方は、
 CMNF派?
 それともCFNM派?
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smdream.dtiblog.com/tb.php/90-c2ff94c7
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close