無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
NO.94「あらためてマゾヒズム1」
<マゾヒズム(英語: Masochism)>
 肉体的精神的苦痛を与えられたり、羞恥心や屈辱感を誘導されることによって性的快感を味わったり、そのような状況に自分が立たされることを想像することで性的興奮を得る性的嗜好の一つのタイプである。
 被虐性欲とも言う。
 極端な場合には、精神的な障害とも見なされ、この場合は性的倒錯(パラフィリア)となる。

 マゾヒズムの嗜好を持つ人を、「マゾヒスト」と呼ぶ。
 俗語で「マゾ」と呼ぶが、マゾヒストとマゾヒズムの両方の意味がある。
 被虐性淫乱症とも呼ぶが、これは変態性欲の通俗概念などと同様、多分に差別的な呼称である。
 ひとりの人間がサディズムとマゾヒズムを合わせ持っている場合はサドマゾヒストと言われる。
 略として、サドマゾとも言う。
 なお、マゾヒズムという発音・表記はドイツ語と英語の混淆したものと推測される。
 発音は、英語ではマソキズム、ドイツ語(Masochismus)ではマゾヒスムスに近い。

<マゾヒズムの語源>
 *『毛皮を着たヴィーナス Venus im Pelz 』など自伝的な作品で、身体的精神的苦痛を性的快楽と捉える嗜好を表現したオーストリアの作家ザッヘル=マゾッホの名前に由来してこう呼ばれる。
 マゾヒズムの概念を提唱したのは、*クラフト=エビングである。
 性的な倒錯として定義されたが、後に、被虐的な傾向一般をマゾヒズム(Masochism)と言うようになり、性的嗜好のマゾヒズムは、「性的マゾヒズム(Sexual Masochism)」とも言い分けて区別することがある。

 *『毛皮を着たヴィーナス Venus im Pelz 』についてはSMdream(SM映画・小説紹介)NO.3「毛皮を着たヴィーナス」参照
  『毛皮を着たヴィーナス Venus im Pelz 』を元にした映画

 *クラフト=エビングについては、SMdream(SM映画・小説紹介)NO.117「変態性欲心理学」参照

<マゾヒズムとは何か>
 人間が社会生活を行なっていれば様々な理不尽と思える状況に直面することがある。
 そういったときに「自分が我慢すればよい」と不当な圧力や要求に耐える人が存在する。
 また「囚われのお姫様」や「苦難を乗り越え進む英雄」と言ったヒロイックな状況は、苦痛・圧迫を伴いながらも陶酔感や大きな達成感が得られる。
 そのためどのような人間でも被虐嗜好的要素を持ち合わせていると言える。
 こうした自己犠牲や苦痛や逆境への親和が、実は、性的嗜好としてのマゾヒズムの基盤にある。

<加虐によって心の安定が得られる>
 理不尽に他人から暴力を振るわれて、それでも「自分が悪かった」「自分が我慢すればいい」と考えるのは防衛機制であるが、マゾヒズムの心理には、このような機制が存在すると言うべきである。
 また自罰的傾向のある人は、他者から与えられる身体的精神的な加虐によって、かえって心の安定が得られることがあり、ここでもマゾヒズムへの趨向が見出される。
 マゾヒズムはこのように、個人の自我の心理的な安定機制と深く関係している。
 これに対し、他者から苦痛や加虐を与えられて単に喜ぶだけの心理はマズヒズムではないとする考えがある。
 しかし、性的な状況においてこのような機制が働けば、性的快感や性的興奮に繋がるのであって、それは即ち性的マゾヒズムであり、自虐的な心理傾向を、性的嗜好としてのマゾヒズムと区別する方が寧ろおかしい。
 このような区別の背景には、マゾヒズムを先天的な気質あるいは人格の基底的趨向とする見方があるが、この考えは実証されていない。

<性的嗜好における異常・正常>
 マゾヒズムのなかには、先天的な素因が想定できるものがあるが、しかし、「マゾヒズム」という単一の心理趨向があるという根拠がそもそも存在しない。
 性的嗜好は、嗜好の現象的様態による分類把握であって、マゾヒズムのような心理機制がどのように成立しているのか、複数の機構が想定でき、更にそれ以上の多数の未知の要因が関係していると言うべきである。
 ある種類のマゾヒズムは精神障害として、性的倒錯に規定されている。
 このことより差別性が生まれることがある。
 また、世間一般で、マゾヒストは変態だとか異常だとかいう偏見も存在する。
 しかし、性的嗜好における異常とか正常という問題は難しく、決めつけることは望ましくない(参照:正常と異常、性における健康)
(参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

◆◆マゾヒズムの体験をお寄せ下さい
◇◇マゾヒズムのビデオ・DVD・本・雑誌をご紹介して下さい
このエントリーをはてなブックマークに追加
【9/23悪戦苦闘の4時間 一鬼のこと一緒に縄作り】
<My縄>
20070923-01

 My鞭を持っているというSMファンの方が最近多いようだが、My縄となるとどうだろうか。
 それも、市販品を買うのではなく、自分で作った縄をである。
 SMのプロの方であれば、大切な商売道具として、多くの方々が原材料を仕入れて、自分のプレイに合った縄を自己製作されていることだろう。
 また、以前はいくつかのサークルで、縄作りの講習イベントが定期開催されていたが、最近では聞かなくなってしまった。
 9/23(日)地下1階、地上3階のビル丸ごと『エロのテーマパーク』渋谷のハプ・バー眠れる森の美女  にて、マスターで最近あちらこちらのイベントに緊縛師と登場している「一鬼のこ」 を講師に、「誰でも参加できる縄作り」の講習イベントが行われた。
  
  参加された方々に今回の参加理由をおうかがいすると、
   ・未だパートナーはいないが自分用の縄が欲しい(S男性)
   ・いつか自分の縄でご主人様に縛ってもらいたい(M女性)
   ・二人専用の縄が欲しい(SMカップル)

  ・・・等々、中にはこのイベントにために、ハプ・バーへ来られたのも初めてという方もいる盛況ぶりである。

<ひたすらケバを取り、ナメス>

 麻縄と言っても、長さ、太さ、染め有無等様々な種類があるが、太さ6〜7mm、長さ7〜8mで2,000円〜3,000円と言うのが市販相場ではないだろうか。
 それを今回の講習イベントでは、縄3本セットで1500円(仕上げに馬油使用は+1,000円、ハプ・バー入場料金は別)という格安料金の提供である。

 作業は、ひたすら原材料の麻縄の、ケバを取り、ナメス、というに尽きる。
 言葉では簡単だが、その工程は幾段階も似たようなことをひたすら繰り返していく、忍耐のいる作業である。
 私の場合は、自分も参加者と同じことを行ってしまうと周りが見えなくなってしまうB型人間なので、初イベントをじっくりと見定めるため講師、参加者をじっくりと観察させて頂いた。
 
(以下の工程名称は、私が勝手に付けたので公式ではありません)
 ・最初のケバ取り
   この作業は、今流行りのブートキャンプの1シーンを思い出す。
   つまりブートキャンプグッズの代わりに麻縄が使われていると思えばいい。
   そして辛いブートキャンプからの解放を思わせる鞭打ちの練習か、日頃のストレスを発散かという、束ねた縄を数回床に叩きつける作業でこの工程は終わる。
 ・ケバ焼き
   火の上で縄をあぶりケバを焼くという作業なのだが、焼きの工程で床に直座りしながら、縄を延ばして火に当てる女性の構図はSMの一シーンとして使えそうである。
 ・蜜蝋(みつろう)特製油すり込み
   あまり日常的には縁のない代物である蜜蝋特製油を麻縄にすり込み、再び焼く。
   この辺まで来ると麻縄は、それまでの荷物用ロープのような味気ないものから、やや色が黒ずみいかにもプレイグッズ麻縄の風格が出てくる。
 ・延ばし・絞り
   適当な高さの固定された柱に、麻縄を結びつけ、まるで、運動会の綱引きにも似た作業を行う。
   強く引き、雑巾のように縄の順目に絞り、まるでこれでもかとばかり麻縄を痛めつけるような力のこもった作業だが、女性単独でもその要領がわかれば充分に行える。
 ・再度ケバ焼き・焼きコゲ取り
   この工程を終了した段階で、講師に出来具合を確認する。
   もし、途中工程が足りなければ再度不足の工程を実行する。
 ・馬油塗り
   これも蜜蝋と同様日頃一般的には縁がないのだが、縄を使うプロには必需品である。
   講師によれば、ベビーオイルでも代用できるとのことだ。
 ・最終確認  
   こうして、全ての工程が完了し、講師のお墨付きがもらえればめでたく念願のMy縄の完成である。

   準備しておく材料は
    ・麻縄
    ・軍手
    ・カラビナ(あれば効率的)
    ・ガスコンロ(無ければライターでも可)
    ・蜜蝋特製油
    ・馬油(無ければベビーオイルでも可)


  ただし、今回の場合、数時間と言う時間的制約があり、テレビの料理番組のごとく、最終形を時間内に見せるため、最も最初の工程である一切加工されていない麻縄を煮込み、乾燥させるという数日間かかるいわば下ごしらえ作業を省略している。

<カップルの喘ぎ声がバックグランドミュージック>

 もし「ケバフェチ」という存在がいれば今日は大変喜ばれたことだろう。
 スポットライトの光が空中に舞うケバを浮き立たせ、床にはよく言えば絨毯のごとく、悪く言えば綿ホコリのごとくケバが積もっている。
 そうそう、この作業をする時は、作業着等汚れてもいい服装で行うのが無難である。
 それでも、午後10時から まるで手内職仕事か、職人の修行のごとくケバにまみれる作業が続き、悪戦苦闘4時間にして、黒光りし、しっとり感のある麻縄が誕生したのにはいずれの参加者にも達成感があったことだろう。
 中には、一度に4、6本と挑戦している方もいた。
 だが上には上がいるもので、店のスタッフ女性は15本にチャレンジしていた。
 講習は、2Fの和室と洋室のプレイルームで行われたのだが、参加者が無言のまま黙々と作業を続ける中、、隣りのプレイルームからカップルの喘ぎ声がバックグランドミュージック代わりに聞こえるというのもハプ・バーならではのことだろう。
 自分で作った縄への愛着はいかばかりかと思うが、今回の参加者のMy縄は、今後どのような身体にからみ、巻きついていくのだろうか。
 準備・主催・指導する講師の苦労は、筆舌に尽くしがたいが、My縄にかける情熱のSMファンのため、今後共このような講習イベント行って頂きたいと思う。

 追伸  緊縛師「一鬼のこ」 の近日ショーイベント
     9/29(土)23:45〜田町 Studio Cube 326 TEL03−5439−9199(文中敬称略)
NO.84「ぶっかけ」プレイは目にしみないように

<なぜ「顔射」が>
 性行為の最後に男性が女性の顔に向けておこなう射精であるぶっかけ=顔射(がんしゃ)は、アダルトな世界ではもはや一般的になってきた。
 なぜこれだけ「顔射」がはびこってきたかと言えば、アダルトビデオ等で性器部分がモザイク等に依る修正の為「性行為を行なっていないのでは?演技なのでは?」と言う批判や疑念を払拭する為に、男性俳優が女性俳優の顔に射精する事に依って視聴者を興奮させる行為として人気を博した。

<女性の顔を自らの精液で彩る>
 SM的に言えば、この行為により女性の美しさの象徴の一つである「顔」に射精する事に依って女性が恥辱感に陥り、女性の顔を自らの精液で彩る破壊感や征服感や独占感等が、S男性の性的興奮を誘いサディズム的嗜好を満足させる。
 ただ、実際女性のとってみると、顔面射精の行為に依って女性が得られる快感は無くメリットは殆ど無いのに対し、衛生的な懸念、化粧が崩れる他、後処理が面倒等のデメリットが多い為、嫌う女性は少なくない。
 また顔面射精をスムーズに行なう為にはコンドームを着用しない方が良い為、避妊しない性行為の誘発となる可能性もある。
  一方、好奇心や愛する男性の精液を受け止めたい女性、またはマゾヒスティックな性向を持つ女性、或いは男性と同じく思い込みに依り顔面射精を受け入れる女性も存在する。

<SMプレイに顔射を取り入れる場合には>
 そこで、SMプレイに顔面射精を取り入れる場合には、事前に女性の意向を聞いておくべきであり、女性が嫌がる場合は無理強いをしないのはマナーである。
また顔面射精後は女性の顔に掛かった精液を親切丁寧に愛情を持って綺麗に濡れティッシュや乾いたティッシュで拭き取り、優しい抱擁や接吻をしたり愛情の篭った言葉をかけるのが礼儀である。
 特に男性の精液は粘膜を冒す性質がある為、目に入ると非常に沁みるだけでなく、結膜炎を患う場合が有るので、女性は絶対に目を開けない事。
 男性は速やかに精液を拭き取る事。
  また性行為感染症の感染率が高まる為に、不特定多数との性行為が認められるパートナーとはこうした行為は慎む事が望ましい。
(参考 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 プレイパートナーとは常に快感を分かち合いたいものだ。

◆◆顔射プレイの体験をお寄せ下さい
◇◇顔射プレイのオススメのプレイビデオ・DVD・本・雑誌をご紹介して下さい
このエントリーをはてなブックマークに追加
NO.82「ボンデージとSM」
ボンデージ(bondage)とは性的興奮を得るための拘束行為、もしくは拘束を行うための道具である。
 言葉の一般化にともない男女共にボンデージを魅力的だと感じる傾向は増加しているとされるが、行為そのものは不快に思う人もいるので、共に納得の上で行為に及ぶのが望ましい。

 ボンデージは本来拘束状態を示す英語である。
 SMプレイのことを指すように用いられた結果幅広く解釈が広がり個々の定義は広範化している。
 ・BDSMを行っているグループでは、ボンデージは服従、被服従関係を築く技術の1つである(「BDSM」については、N0.76「BDSM」参照)
 ・性行為を行うカップルの間では、ボンデージは性行為の技術の1つである
 ・自慰行為を行うものにとっては、想像をかきたてる方法である
 ・自縛行為に代表される、1人で行えるものである
 ボンデージはほぼ全ての性的嗜好の人に受け入れられる要素があるが、男性同士の性的関係で革やラテックスに身を包むという嗜好がその走りの1つであると考えられている。

<束縛、拘束、囚われの身分>
 英語ではBondageは束縛、拘束、囚われの身分、囚われの状況
を指す言葉であり、字義的には支配的なパートナーが服従的なパートナーを何らかの形で束縛することがボンデージと解釈することができる。
 ただ、近年ボンデージファッションの一般化により革やPVC製の衣服をボンデージと見なすことが多い。
 本来の言葉から言えば露出度が低くてもバックルやチェーン、ラバーの伸縮などでぎちぎちに締め上げるスタイルがボンデージを体現していると言えるが、単なる露出度の高い黒革の衣装になっていることは否めない。

<危険と安全対策>
 ボンデージを楽しむためには、様々な安全対策が必要であり、またパートナーが十分に信用できる人物であることが何よりも大切である。
 注意すべき点は多岐にわたるが次のような点が挙げられる。
 ・行為を終わらせるために言う言葉(safe word:セーフワード)を決めておき、不快である場合は直ちにやめる
 ・飲酒状態でボンデージを行わない
 ・拘束した人を眼の届かないところで放置しない
 ・首の周りにヒモやロープを結ばない。
 ・首輪などの場合は、十分な余裕があることを確認する
 ・胸などが圧迫され、呼吸困難になる体勢に放置しない
 ・ハサミやナイフを準備し、ボンデージ器具が故障したり、結び目が解けなくなった場合でもすぐに拘束を解けるようにしておく
 ・頭をすっぽり覆うものや口にはめるものを使う時には、呼吸ができることを確認し、飲み込んでしまった場合でも(なにかの事情で嘔吐した場合は吐瀉物が)喉につまらないようになっているものを選ぶ


<セーフワード>
 ボンデージプレイの場合、支配的なパートナーと服従的なパートナーとの行為はロールプレイになることが多い。
 そのため服従的なパートナーは気分を高揚させるために「いや」とか「やめて」という言葉を発する。
 この言葉をそのまま受け止めていたのではいちいちプレイを中断せねばならないが、もし無視してプレイが続けられたならば、本当に「いや」で「やめて」ほしい場合でも止める手段が無いことになる。
 そのためあらかじめパートナー同士で「行為を終わらせるために言う言葉」を決めておいて(何でも良い)その言葉が発せられた場合は直ちにやめることがお互いの信頼関係を維持する方法となる。

 しかしさるぐつわなどを好む場合はセーフワードを言うことが困難となる。
 その場合はジェスチャーなどなんらかの方法で行為の中断を伝える余地を残しておくことが必要である。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
このエントリーをはてなブックマークに追加
NO.81「CMNFとCFNM」
<SMとCMNF>
 着衣の男性と裸の女性。
 SMプレイの中ではごく普通に見受けられる光景である。

 これを広い意味のあることばとしては、
 CMNF=Clothed Male(s) and Naked Female(s)(着衣の男性と裸の女性)と呼んでいる。
 目的は服装に格差をつけることで、不自然さ・アンバランスさによるエロティシズムや支配従属関係を明示または暗示する。
 性的なコンテンツにおけるシチュエーションのひとつであり、またひろく一般の文化や表現物、そして日常生活においても見られる。

 性的な文化の中でも、特にSMは典型的な支配従属関係を表した文化であるため、CMNF的なシチュエーションが広く見られる。
 服装においてその関係性を表すため、S側の男性は服を着てM女性は全裸ということが非常に多い。
 また典型的なSMでなくても、女性に羞恥心や屈辱感を感じさせるため、CMNFF的なシチュエーションを利用することも多い。
 いわゆる露出プレイや、女囚ものなどにおける強制的な脱衣がその例である。
 性風俗のカルチャーではストリップ劇場や女体盛りなどがよくCMNF的な題材で取り上げられる。
 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

<SMとCFNM>
 対比する言葉として、CFNM=Clothed Female(s) and Naked Male(s)がある。
 人数に関わらず着衣した女性と脱衣した男性との関係性における性的倒錯(paraphilia)を意味する用語。
 このような設定で表現される性的な雑誌、AV 、性小説をあらわすジャンルとして用いられることが一般的。
 またCFNMは女性による男性の性的客体化(sexual objectification)の1種である。
 CFNMは支配的な女性と隷属的な男性によって行われる。
 男性が「拷問」されるという場面設定(鞭打ち、男性器虐め、ディルド (人工男性器)を用いたアナルセックス)、女性を性的に満たすことをせがまれたり、強いられたりする反面、本人の射精は禁止されるという場面設定などがある。
 男性を見下すことを好む女性(ドーム(domme))が自分の服従者や奴隷に家事をやらせたり、自分やその友人が服を着ている状態で男性を裸のままに放置したりすることも一般的である。
 裸の男性が首輪、貞操帯を着用させられたり、全身の体毛を剃られたり、あるいは裸体に侮辱的な言葉を書かれたりすることもある。
 裸のままで隷属する男性たちの周りでドームたちが身にまとう衣服の種類は多様である。
 SM雑誌やビデオでは、フェチな服装の中でも刺激的な女王様 (dominatrix)の格好をしているが、実世界では、男性が素っ裸でいるのに対して素朴で平凡な服を女性が着ていることが多い。
 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 さて貴方は、
 CMNF派?
 それともCFNM派?
このエントリーをはてなブックマークに追加
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close