無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
NO.54「ラバースレイブ」

<ラバーに包まれると>
 全M女性とは限らないと思うが、全身がラバーに包まれると、さらにM性が激しく、淫らに現われてしまうのはなぜだろうか。
 
 同じパートナーとプレイ慣れしてくると、ついこれはどうかと新しいプレイやグッズにチャレンジしてしまう。
 (と言ってもパートナーが嫌うプレイは避けるのだが・・・)
 そこで或る日赤いラバーを着させてみた。

自分の身体が全身赤いラバーに包まれた姿を等身大の鏡で見た時、彼女の身体が震えるように興奮していくのがわかった
 「うーん、うーん、ああーん、もう、どうにかしてー・・・・ご主人様ー」
 こうして彼女は、その姿のまま、いつも私から調教を受ける四つん這いのスタイルになった。

<違う自分になった>
 同じような体験は別のパートナーでも起こった。
 もともとラバー好きというフェティッシュなマニアな女性ならわかる。
 しばらくして色々反応を見たり感想を聞いたりして、どうやら、彼女達は身体もさることながら顔を包んで隠すことにより、解放感に溢れるらしいことがわかった。
 それに「なんだか違う自分になったみたい」という言葉もよくわかるのである。 

参考:ラバーフェティシズム(Rubber Fetishism) フェティシズムの一種。
 他者、または自分自身をゴム(ラテックス)で作られた衣服で覆う、あるいは着飾るような性的嗜好。
 ラテックスフェティシズム、ゴムフェティシズムと呼ばれることも多く、日本ではラバーフェチといった略称で呼ばれることも多い。

(SKIN TWO)
 ゴムには弾力性、伸縮性があり、また空気や水分を浸透させないという特徴がある。また、その性質から加工をすることが可能で、合成ゴムでできた薄い板状のゴム(ラバーシート)を接着剤で貼り合わせることにより、衣服のような形状のゴム製品を制作することができる。
 早くからゴムを使用した雨合羽などがヨーロッパで製品化されたことにより、愛好者によりゴムでできた衣服が作られるようになった。その結果、空気や水を通さず、かつその伸縮性により肌に密着し、適度な拘束感、圧迫感を与える衣服が出現する。
 このような特徴は、主にSMの拘束具やプレイウェアとして魅力的なものであった。
 また、人間の肌の感触とは全く違う触感で全身が覆われ、薄いゴム素材で身体を覆うことによって体温感覚の変容が発生することから、「第二の皮膚」というフェティシズム独特の表現が生まれたのも、このラバーフェチからだとする説が根強い。
 事実、後述するイギリスの専門雑誌「SKIN TWO」は、この言葉から名付けられている。
 呼吸制御に対しフェティシズムを感じる者、身体を完璧なまでに包み覆うことを欲する者(トータル・エンクロージャー)、ゴムにシリコン剤を塗ることによって生ずる無機質な光沢から、自らを無機な物としたい欲求に駆られる者にとって、ゴムの持つ質感や素材の特徴は、まさにうってつけだった。
 また、ゴム自体が持つ芳香が非常に個性的で、この独特な芳香に対しフェティシズムを感じる者も多かった。さらに、ゴムの伸縮性によりボディラインが強調される特徴から、身体の曲線についてフェティシズムを感じる者(脚線美も例外ではない)が対象にゴムでできた服を着せて楽しむ、という方向性も生まれた。
 ゴムでできた衣服は、このようなフェティシストにとって数多くの魅力的な要素を備えており、現在まで世界中に多くの愛好者を抱えている。現在では、外見における特異性の強さから一般層をターゲットにした衣服でもゴム素材を使用したものが登場している。
 主にゴムを使用した衣服として製作されるものに、キャットスーツ、グローブ、ストッキング、ブーツ、ガスマスクなどが上げられる。また2000年代初頭には、身体に塗るために作られた液状のゴム素材(リキッド・ラテックス)も販売されている。

(1990年代後半より著名な音楽アーティストやファッションデザイナーがラバーを使用したコスチュームを)
 愛好者の数は有用な資料がないため推測の域を出ないが、参考値として、イギリスの大きなラバーフェチ向けイベントの観客動員数が開催単位で2000〜3000人、日本における同様のイベントの観客動員数が800〜1000人。
 世界最大のイベントSKIN TWO RUBBER BALLになると3日間の延べ入場者数が5000人を有に超えるといわれている。
 また、1990年代後半より著名な音楽アーティストやファッションデザイナーがラバーを使用したコスチュームを数多くの機会にて使用、もしくは発表している。
 主な音楽アーティストにエルトン・ジョン、マドンナ、スパイス・ガールズ、ブリトニー・スピアーズ、リル・キム、主なファッションデザイナーにジャン=ポール・ゴルチエ、ジョン・ガリアーノなどが上げられる。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


◆◆貴方のラバープレイ体験談をお寄せ下さい
◇◇貴方のオススメのラバープレイDVD・ビデオ・本・グッズをご紹介して下さい
このエントリーをはてなブックマークに追加
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close