無料
エロ
動画
SMdreamは、SMの話題を追っていくブログです 是非貴方のプレイ体験、プレイ願望もお寄せ下さい
【3/9 移動野戦病院 ビザールクリニック】
<治療という名の・・・>
 まるで移動式の野戦病院を思わせるように、
非医療法人ビザールクリニック(通称ビザクリ)は次々と開催会場が変わる。

今回は、日本一ゴールドが似合う女性、黄金咲ちひろ院長の名にふさわしく、ゴールドな装飾にシャンデリアと鏡の輝きに満ちた渋谷TRUMP ROOM での開催である。

 背景のスクリーンでは、昔のブルーフィルムを思わせるような妖しげな映像”MONDO21『背徳の好奇心#127』”が流れ、事務長「Zil」の流すディスコミュージックのままに、黄金咲院長を始めとして、白衣・ナーススタイルスタッフが、従来の医療では全く手の施しようのなかったヒトの“ココロ”の病=“変態”という病の症状に心当たりがある様々な入院患者達を迎えていた。

 女装者、2008030906
フンドシスタイル2008030903
等々思い思いに装い(むろん、普段着の参加もOK)、そして手持ちのコスチュ−ムが無い場合には、コスプレ衣装を貸与され、例えばたちまち”新人ナース2008030902
が誕生した。

黄金咲ちひろ院長は、盲目の男性に優しく問診し、悩殺的なラバースタイルの婦長水嶋かおりん2008030913
は、患者の見境無くボディ密着・接触型の治療を施し、言の葉調剤師ナース「樹瑠」(キル)は、床に寝たままの患者に脚マッサージ(SMファンが見ればナーススタイル女王様とM奴隷に見えるかも)を加え、大量の麻縄を持ち込み ”縛りたい”という患者にうやうやしく身体を差し出したのは、 「なちこ」ナース2008030908
である。高まる怪しげな雰囲気にフロア内のダンスステップではおさまらないフランス人女性が、裸エプロン姿でポールダンス棒に飛びつく2008030917
・・・等々解放された治療は留まることを知らない。

 また、今回はさらに新人ナースが二人が誕生した。2008030909
きっと彼女たちもいずれ”迷治療”を与える天使になることだろう。

<「・・・もっと奥まで入れてー・・・」>

 イベントのオープニングミュージックは、
 「・・・もっと奥まで入れてー・・・」
と激しさと情熱を込めて歌うANTIxKITCHxMECA−ROCKIN’SPIKYS(スパイキーズ)である。2008030905

セクシーパフォーマンス、機械的ギミック、エキセントリックかつ破壊的なラブソング、 アンチでキッチュなメカロッキンを放つ、2999年のロックンロール界からリストラされて来た、ユーラシア大陸最強の邪悪な天使MALI&天邪気6WIRE HISAWO、スパイキーズ。
 デジタルビートを主体としながらも、 いわゆる打ち込み系音楽とは真逆を走り、 メカビリー、メカロッキン、メカラスタ、2980'sポップス的 ・・・

(参考)SPIKYS(スパイキーズ)の近日イベント

 ★3/16(日)代々木公園近辺ストリートライブ(SPIKYS)
 ★4/12(土)日比谷野外小音楽堂(SPIKYS)
 ★4/20(日)浅草KURAWOOD(SPIKYS)
 ★4/21(月)新宿アルタ前ステーションスクエア(SPIKYS)
 ★5/18(日)代々木公園近辺ストリートライブ(SPIKYS)

<心身の治療だけではなく>

 公開治療の実演は、当クリニックの“名誉教授”に就任した、ハリウッドの振動整形の権威、マイク・レイ・フランシスコ先生 2008030910
(CAPRI Beauty Answer院長) である。 

 試しに、変態仮面ナース「バルバラ」2008030901
が胸の谷間を深くする治療に身体を預け、2008030911
続いて新人ナースが小顔作成、O脚治療等を受けた。2008030912


 先生のレパートリーは幅広く、心身の治療だけではなく、顔の変身2008030904
や、ヘヤースタイルまでと、まるで、石ノ森章太郎の漫画『八百八町表裏 化粧師』を原作とした2002年公開の日本映画化粧師 KEWAISHI』(けわいし)を彷彿とさせる。

 
<「母乳を浴びたい人は前へ」>

 「母乳を浴びたい人は前へ」などというショー開始の呼びかけはまずないだろう。
 自分の母乳で絵の具を溶かボディしペイントする“公開授乳”&ボディペインティングショーである。2008030915

 授乳・ペインターは昨年、澤田サンダーとのコラボ絵本幼なじみのバッキーが、史上初の絵本としての岡本太郎賞に入選した画家「増山麗奈」(ますやま れな)である。
 増山麗奈と言えばむしろイラク戦争開戦直前に生まれたカワイイ系反戦アート集団桃色ゲリラのリーダーのイメージの方が強いかもしれない。

2008030914
対するモデルは、何でも昨日「増山麗奈」と知り合ったばかりという「下條智恵子」(しもじょう ちえこ)である。シュールな画風が特徴のアーティストという以外未だ謎の彼女の武蔵野美術大修了制作展のテーマは、「私はいい装置になりたい」(世界を受診し、人生を味わいながら、世界を発信する)。静かなモデルというより動的なパフォーマーとして、身体を様々にくねらせ、色鮮やか布にからませながら、授乳・ペイントで変身していった。
 モデルばかりではなく、舞台下の参加者も容赦なく増山麗奈の母乳を浴び、授乳・ペイントの洗礼を受けていった。

(参考)画家「増山麗奈」個展
「幼なじみのバッキー原画展」
  4月14日(月)〜19日(土) 15:00〜20:00(オープニングレセプション14日(月)午後5時より)
  会期中、サイン会も行います。
  ギャラリー銀座芸術研究所
  〒104-0016 東京都中央区銀座7-3-6 洋菓子ウェスト2F tel03-5537-5421
  (交通 地下鉄丸の内線銀座駅徒歩3分、JR有楽町駅徒歩5分)

<ビザール紙幣の使いみち>

 本イベントの特典として、参加者にはイベント内のブースで使える”ビザール紙幣のお小遣い”が渡される。
 これは、ブース運営者にも、参加者にも実にありがたいことである。
 今回のブースは、黄金咲ちひろ印のGoldCollectionを始め、前述の増山麗奈・授乳スペースでは、絵本幼なじみのバッキーの購入者に似顔絵を描いてもらえるサービスがあり、女医姿の占いChloe2008030916
では、何やら真剣な眼差しでの相談が行われ、手作り鞭等でお馴染みの銀龍堂では、盛んに試し打ち、打ち方講習が行われていた。
  
 ビザールクリニックは、渋谷「青い部屋」のレギュラーイベントとして定着して毎月開催されて以来、その後移動野戦病院化したが、どんな会場にもマッチさせてしまう、ある意味ではイベント実験の場とも言える。
 心のオアシスイベントとして”夜の町興しに”一役買ってもらうのはいかがだろうか。
 毎月第2日曜日の19:00〜23:00に定期開催される変態開放病棟【ビザールクリニックの次回は、4/13(日)六本木の何処かで、は開催される。

 追伸:白衣で取材した本ブログ主宰川口青樹の今日の収穫:「白衣・聴診器スタイルは、多くの”患者”からお呼びがかかるなり」

(文中敬称略)
このエントリーをはてなブックマークに追加
copyright © 2005 Powered By DTI ブログ allrights reserved
close